引きこもり主婦!日中の過ごし方は?解消法や原因はあるの?

⏱この記事は5分で読めます

「引きこもり主婦」この言葉は近年よく聞かれるようになりましたが、実際どんな過ごし方をしているのか気になったことはありませんか?本当は外に出たいけどなんとなく「引きこもり主婦」になっていたり、実は引きこもり主婦にも色んな理由があることがわかりました!日々の過ごし方や解消法、原因など気になることをスッキリできるように調べてみましたので、ご紹介していきます。

スポンサーリンク

引きこもり主婦の日中の過ごし方とは?

アイロン

 

引きこもりといっても、引っ越してきたばかりでご近所もまだ親しくないしやむを得ず
引きこもってる方や、赤ちゃんを産んだばかりで外に行けない方など、色んな理由があることでしょう。

こちらでは、引きこもり主婦の方でお子さんのいない方といる方がどんな過ごし方をしているのか、調べてみました。

 

子供のいない主婦の場合

子供のいない主婦の方の場合は、こんな過ごし方をしていることがわかりました。

  • 家事
  • テレビを見る
  • 昼寝
  • DVD鑑賞
  • 読書(図書館に行くことも)
  • 編み物など家でできる趣味をやる
  • ジムへ行って体を鍛える
  • 散歩
  • 買い物
  • インターネットで調べもの
  • 勉強(資格を取るためや趣味の勉強)

 

色々ありましたが、こうしてみると「そんなに引きこもってない」という印象ですね(引きこもり主婦の過ごし方のはずなのに!)。

昼夜逆転を防ぐため決まった時間に散歩をしたり、意外と外に出てる方が多いようです。

 

子供のいる主婦の場合

子供のいる主婦の方の過ごし方ですので、以下をご覧ください!

  • 子供と公園
  • 支援センターへ行く
  • 買い物
  • テレビを見たり絵本の読み聞かせなど家で過ごす
  • 家庭菜園や編み物など自分の趣味をやる
  • 子供を見ながら家事

お子さんがいてもいなくても、過ごし方はあまり変わらないのかな、という印象ですね。

ただ子供がいる分一人で何かをするというのは難しく、必ず子供と一緒に行動という方が多いようです。

 

主婦の皆さんなら「家に居られていいねぇ~」などと言われて頭にきた経験もあったりしませんか?

「もっと主婦に感謝してよ!」と思いながら日々を過ごしている方、少なくないはずです!

引きこもりと言っても「主婦」ですので、炊事洗濯掃除をやらなくてはならず、それに伴う買い物は必ずあるので(ネットを使う方法もありますが)外に出る機会は少なからずあるようです。

また、場合によってはコインランドリーに行って洗った洗濯物を乾燥したり大きい布団を洗ったり・・・実はやることいっぱいなんですよね!

できることなら本当に引きこもっていたい・・・と思うのは、365日休みのない主婦の皆さんの本心だったりするのではないでしょうか。

と、ここまで「引きこもりと言ってもあまり引きこもっていない」「引きこもっていたいけど実際は無理!」ということがわかりましたが、実はこの「引きこもり主婦」でとても悩んでる方も多くいることもわかりました。

悩んでいるからこそ「今の現状を何とかしたい!」「果たしてこのままの生活でいいのかな・・・?」と思いますよね。

そういう方のための「引きこもり主婦解消法」を調べてみました!

スポンサーリンク

 

引きこもり主婦の解消法とは?

引きこもり主婦の方の中でも「外に出るのが億劫になっている」「人と会うのが怖いし不安」と思ってなかなか外に出られない主婦の方、実は少なくないんです。

近所付き合いしなくちゃ・・・とか、子供のために人と関わらなくちゃ・・・など、自分自身にプレッシャーをかけてしまっていることも原因の一つと言えます。

そういう方は家族にも本当の気持ちを言えずに我慢し、自分で不満や不安・言いたいことをため込んでしまう傾向にあります。

なので、一人で悩んで爆発してしまう前に、どこか「はけ口」となる場所や人を作ることをオススメします。

例えば、地区の支援センターでは同じ子供を持つママがたくさんいますし、支援センターのスタッフも親身になって話を聞いてくれます。

とは言え、「まず支援センターに出向くまでが難しいよ!」という場合もありますよね。

ママ友付き合いも不安ですし、そもそも子供いないし・・・という方には他の方法もあります。

それはインターネットを使った方法です。

SNSでは誰かと繋がることが簡単にできますし、ネットを介したゲームでも色んな人と関わることができますよね。

簡単につながることができる分危ないこともありますが、自ら危険なサイトに足を踏み入れないようにすれば
ネットを介して心の支えとなる出会いがあることも事実です。

色んな価値観や目的が同じ人が集まる『コミュニティ』というものがネットにはありますので、『外に出ることが不安だけど引きこもりを解消したい』という方は、一度試してみてはいかがでしょうか。

ところで、昔は「引きこもり主婦」という言葉を聞くことは少なかったですが、最近は特によく聞かれるようになりました。

では、どうしてよく聞かれるようになったのでしょうか?

その原因を調べてみましたので、ご紹介しますね!

 

なぜ引きこもってしまうの?その原因とは!

窓辺に座る女性

近所の方やママと馴染むことがストレス

転勤や引っ越しが多く親族や友人がいない中で、しかも知らない土地で不安を抱えながらの生活は
ストレスになります。

更に、周囲の方と関わることもストレスになると感じ、自然と避けてしまいがちです。
そんなストレスを抱えながら生活していると、自分を守るために家にこもりやすくなるようです。

 

自分だけで頑張り過ぎてしまう

自分一人での家事や育児で息抜きの時間もない・・・という主婦の方は、旦那さんは仕事が忙しく夜遅い帰宅のため、家事や育児を頼めずに自分自身で疲労やストレスをため込んでしまう方、多いんじゃないでしょうか?

核家族が多い今の時代、頼れる人が側におらず、このような悩みは後を絶えませんよね。

疲労とストレスをため込んで外に出る気力がなくなり、結果、引きこもってしまうようです。

 

ママ友作りに対して不安がある(悪いイメージの先入観がある)

小さなお子さんのいるママは特に、ネットなどの情報で「ママ友の壮絶いじめ!」などママ友に対して
マイナスイメージを持ってしまい、不安が先に出て外との関わりを避けてしまうようです。

実際に行動したらそんなことなかった!ということも多いのですが、なかなかその一歩を踏み出すこ
が難しいんですよね・・・。

 

過去に人間関係で悩んだ経験がある(職場でいじめにあったなど)

過去にいじめにあったことがある方は過去のトラウマがあり、人との関わりに自信がない方が多いです。

そうなると積極的に外に出るのが怖くなってしまい、引きこもりがちになってしまいます。

家族以外の人との関りを避ける方はうつ傾向や対人恐怖症であったりと、実は深刻な病が潜んでいる可能性もあるようです。

無理やり外に出て、精神的にも身体的にも辛くなってしまったら外に出ることはやめて一度、病院のカウンセリングを受けるなど早めの対応を取るようにしましょう。

職場でいじめにあっている方へ

 

まとめ

引きこもり主婦の方は、散歩や家事、ネットや資格勉強、子供と公園や家事をしている、という意外と外に出て日中を過ごしていることがわかりました。

また、引きこもり解消法として、自分の「はけ口」になる人や場所を作りストレスを発散したり、ネット上で誰かと繋がりを持つという方法をご紹介しました。

更に引きこもり主婦の原因として、人付き合いに不安があったり、引っ越しでその土地に馴染めなかったり、日々の疲労により外に出られない、などの原因があることも紹介しました。

必ず原因を探ってそれに応じた対処を、というよりは、無理をしないでまずは不安感を取り除いていくこと
が大切ですね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

★こちらの記事もおすすめです!
友達がいない主婦の方の対処法とは?

スポンサーリンク

 



1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です