部屋が綺麗な人の特徴!部屋を綺麗にする6つの方法とは?

⏱この記事は6分で読めます

部屋が一旦汚れてしまったり散らかってしまうと、その後の片づけが億劫になって、なかなか綺麗にできないことってありませんか?実は、部屋が綺麗な人と部屋が汚い人には特徴に違いがあるんですよ!

こちらの記事では、

・部屋が綺麗な人の3つの特徴
・誰でも簡単にできる!部屋を綺麗にする方法

以上のことをご紹介しています。
部屋を綺麗に保てない方は、掃除の習慣がないからかもしれません。ちょっとした工夫で掃除を習慣化して、そしてオシャレに収納する方法もご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

スポンサーリンク

部屋が綺麗な人の特徴とは?

綺麗な部屋

 

仕事ができる

「仕事ができるのと部屋が綺麗なことって、どこに関係があるの?」と思うかもしれませんが、部屋を片付けられるということは、仕事も一つ一つを片付けられるということに繋がります。

もちろん、忙しくて部屋の掃除まで手が行き届かない人もいるかもしれません。

しかし、どんなに忙しくても部屋を綺麗なまま保てる人もいる訳で、忙しい人は全員部屋が汚いということはないはずです。

自分の住んでいる部屋を綺麗に保てる人は、仕事も確実にこなすことができるので『仕事ができる人』と捉えていいのではないでしょうか!

 

心に余裕がある

部屋が散らかっていたり掃除ができていない人は、それだけ心に余裕がなく、部屋の掃除をすることまで気を配れないのではないでしょうか。

好き好んでゴミや埃で足の踏み場もない部屋にしている人は、いないと思っています。

本当は綺麗な部屋がいいけれど、そうなってしまったので妥協しているだけなのではないでしょうか?

心に余裕があると部屋を片付けることにも気を配れます!

なので、散らかった部屋の掃除をすると気分もリフレッシュし、心に余裕が出てくることが実感できるはずですよ。

 

行動力がある

部屋の片づけや掃除は特に疲れている時は面倒で、「明日でいいや~」と後回しにすることがありますよね。

しかし、部屋が綺麗な人は後回しはせずに、その日のうちに終わらせてしまうことが多いのです。

『その日のことはその日のうちに』という習慣ができているので、部屋も綺麗なままを保てますし、行動を後回しにしないので『行動力がある人』と言えます。

ちなみに私の行動力のある友人宅も、小さい子供とペットを飼っていながら、部屋がいつもめちゃめちゃ綺麗でした!

思ったらすぐにやる!という行動力が、掃除の時でも出ちゃうみたいです。羨ましいですね~。

 

部屋が綺麗な人には、3つの特徴があることがわかりましたね!

部屋が綺麗な人は何も特別なことをしているわけではありません。部屋を綺麗にするのは誰にでも簡単にできることなんです。

次からは、部屋を綺麗にする方法をご紹介していきます!

スポンサーリンク

 

部屋を綺麗にする方法

モップ

物を少なくする

必要最低限の物しか持たず、余計な物を極力持たずに生活している人のことを『ミニマリスト』と言いますが、聞いたことがありますか?

「目指すはミニマリスト!」とまではいかなくても、物を少なくするのは、部屋を綺麗にする一番手っ取り早い方法です。

部屋が散らかってしまう人は、物が多すぎることが一番の原因だったりするんですよね。

例えば、

  • 3年来ていない服は捨てる(3年も来ていないならこの先も着ない可能性が高いです!)
  • 新しい服を1着買ったら、その分1着古い服を捨てる
  • レシートは取っておかない
  • ビニール袋は5枚までしか取っておかない(買い物時はエコバッグを極力使う)

など、物を増やさないルールをいくつか決めて、物を減らしていきましょう!

物が少なくなれば、散らかる物も少なくなり片付けもしやすくなります。

 

出した物は出した場所へしまう

物を出したら元の場所へ戻す!

たったこれだけですが、これをするだけで部屋の散らかりは驚くほど違ってきます。

例えば、テレビやエアコンのリモコンなど、リモコン類を探すことは多いのではないでしょうか?(私はよく探しちゃいます・・・)

元の場所に戻しておけば探す必要もないですし、整頓したままなので散らかることもないですね!

リモコン類はココ!など、あらかじめ収納場所を決めておくといいですね。

 

カゴや収納ボックスを活用する

100円均一のお店やホームセンターで安く購入できるカゴや収納ボックスですが、小物が多くて散らかってしまう時に、これらが大活躍します。

衣類やタオルも、見せる収納としてアルミのカゴに入れればショップ風になりますし、見せたくないものは中身の見えない収納ボックスに入れてしまうだけで、部屋もスッキリと見栄えが良くなります。

またオシャレな収納家具は見た目も良く、人が来た時にも「かわいい!」と好印象です!

この機会に素敵なオシャレ収納家具や雑貨を揃えるのはいかがでしょうか?

 

定期的にお客さんを呼ぶ

友達や家族など誰でもいいのですが、誰か家に来るとなると嫌でも部屋を片付けますよね。

その心理を利用し、週に一度はお客さんを家に呼ぶようにするのです。

これを続けると、週に一度でも部屋を片付けることが習慣化し、部屋を綺麗にすることが苦ではなくなります。

習慣化させるために、続けることが大切ですね。

 

朝に1分間の掃除

「掃除する場所が多すぎて、どれから手を付けていいかわからない!」という人は、朝に1分間だけ掃除をすることを日課にしてみるのはどうでしょうか?

朝は忙しいかもしれませんが、たった1分間だけ掃除や片付けをすると決めてやってみると、朝の忙しさに紛れて1分間の掃除はあっという間にできてしまいます。

そのうち1分では物足りなくなり、5分、10分と掃除に使う時間が増えるかもしれませんが、そうなれば掃除をする習慣ができたことになります!

習慣さえできてしまえば、綺麗なままの部屋を維持しやすくなるでしょう。

ちなみに、朝の1分間でやる掃除は簡単なことからスタートしてみてくださいね。

床掃除用のシートで埃を取るだけとか、テーブルの上の物だけ片付けるなどです。難しい課題は三日坊主になってしまう可能性がありますので、簡単なことから始めましょう!

 

埃を目立たせない

白い棚の上やテレビ、プラスチックケースの上などは特に埃が溜まって目立つので、「うわ~汚い・・・」と感じてしまいますよね。

定期的に埃を取ればいいのですが、それもなかなかできないものです。

そんな時には、布をかぶせて埃を目立たなくさせてしまいましょう!

布も黒い物は埃が目立ちますので、白い物や柄の付いたものは部屋も明るく見えてオシャレな雰囲気も出ますね。

埃で汚れた布は洗濯機で洗ってしまえばいいので楽ですし、色んな布を用意しておけば、気分に合わせて使い分けることで気分転換もはかれます。

 

まとめ

 

部屋が綺麗な人の特徴

  • 仕事ができる
  • 心に余裕がある
  • 行動力がある

部屋を綺麗にする方法

  • 物を少なくする
  • 出した物は出した場所へしまう
  • カゴや収納ボックスを活用する
  • 定期的にお客さんを呼ぶ
  • 朝に1分間の掃除
  • 誇りを目立たせない

部屋が綺麗な人の特徴として『仕事ができる』とご紹介しましたが、以前の上司のデスクの上はいつも書類の山で、時々雪崩が起きていました・・・。

デスクの整理が苦手ということは、部屋の整理整頓も苦手だったのかもしれませんね。

または余裕もなかったのかもしれませんが・・・。

部屋を綺麗に保つのは、ほんの少しの習慣からです。部屋を綺麗にして、皆さんが心豊かに毎日を過ごせますように!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

食べ方が汚い人の特徴や原因とは?食べ方を直す方法はこれ!

2018.05.03
スポンサーリンク

 



1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です