コギャルってどんな人?その特徴と元コギャルの現在の姿とは

⏱この記事は4分で読めます

コギャルという言葉をご存知ですか?1990年代に流行った言葉ですが、私の周りにもコギャルと言われる方々がその当時いましたので、私もコギャル世代なんです(私自身は地味な高校生でした)。

でも何だか最近ではほとんど耳にしなくなったコギャル・・・。コギャルって今もいるのでしょうか・・・?

そこでこちらの記事では

・コギャルってどんな意味?
・コギャルの具体的な特徴は?
・コギャルだった人たちって、どんな大人になっているんだろう・・・

以上のことを知ることができます。

コギャルを知らない人は、今とは違った女子中高生の姿に「へぇ~」となるかもしれませんし、コギャル世代の皆さんは「懐かしい~」と思えるかもしれません!この機会に、女子中学生の歴史に触れてみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

 

コギャルはどんな人のこと?

コギャルのイラスト

コギャルとは『高校生のギャル』を略した言葉です。

1990年代に流行ったコギャルですが、その発端は1970年代に派手な最先端のファッションをする『ギャル』と呼ばれる女性たちでした。

そのギャルの格好をした高校生のことを、コギャルと呼ぶようになったそうです。

ちなみにギャルとは英語でgalと書くのですが、若い女の子を指す意味は同じですが、日本語のギャルとは違った意味合いなんだそうです。

英語のgalは年齢高めの方がよく使う言葉のようで、日本語で言えば「お嬢ちゃん」というような意味合いになるようですよ!

 

コギャルの特徴とは?

コギャル

 

茶髪

ロングヘアーをかなり明かるめの茶髪にしていたり、その明るい髪に更にハイトーンのメッシュを入れている人もいました!その髪型に制服を崩して着ていて、その当時はかなり独特なファッションだったのではないでしょうか。

 

日に焼けた肌にルーズソックス

日焼けサロンでわざわざ焼いていたのか、コギャルはみんな黒い!という印象でした。

その日焼けした肌に白のルーズソックス(レッグウォーマーのようにたるませて履く靴下)に黒のローファーで、白の靴下が際立っていました。

ルーズソックス

ちなみにルーズソックスのずれ落ちを防止するため、足に直接ぬるずれ落ち防止の糊(ソックタッチ)も同様に流行りました!

ソックタッチ

引用元:白元アース

 

 

 

派手なメイク

メイクの最大の特徴は、目の周りを白く縁取ることと、白のリップです(リップは赤という概念を覆されました!)。

つけまつげを付けたパッチリアイメイクはこの頃から流行っていて、コギャルの皆さんのまつげの迫力はなかなかの物でした。

付けまつげとビューラー

 

ミニスカートに厚底ブーツ

靴底が厚いブーツは当時の流行りでした!厚底ブーツにはミニスカートを合わせるのが定番で、かなりの足長効果が期待できるファッションですよね。

ちなみに、厚底ブーツの高さは15cm~20cmくらいのものが流行りでしたね。かなりの厚底なので、履きなれずに足首を捻挫する人もいたようですよ・・・。

 

コギャル語

いつの時代も、女子中高生中で独自に作られた言葉が流行りますが、この時代にもコギャル語がありました!

例えば、

MM
「マジでむかつく」の頭文字をとって略した言葉。

MK5
マジで切れる5秒前という言葉を略したもので、「頭に来ていて、もうすぐブチ切れそう」という意味。

チョベリバ
超ベリーバッドを略した言葉です。「物凄く悪い」という意味で、髪型が決まらない、電車に乗り遅れたなど、気分を害した時に「チョベリバ」を使います。

借りパク
「借りたものをパクる」を略した言葉で、借りたものをそのまま返さないで、自分のものにしてしまうこと。

チョコンバ
「超コンディションバッド」の略で、とても状態が悪いこと。

などなど見た目や言葉など、コギャルの特徴は色々ありました。

そのコギャルも時代と共に薄れて、その当時のコギャルを見ることは今ではほとんどないですよね。

今現在、元コギャルはどうしているのでしょうか?そして、今でもコギャルは存在するのでしょうか?

スポンサーリンク

 

 

元コギャルの今とは?

スカートの女性の後ろ姿

あの当時、コギャルとして雑誌やテレビで人気だった方々は、小麦色の肌から現在は白い肌に変わり、デザイナーやモデルとして活躍している方が多いようです。

また、子育てをしながら仕事に励んでいる方も多いようですね。

また元コギャルの方々は、大人になったコギャル世代の方々に憧れるような仕事をしている方が多く、年をとってもカリスマ性は健在でした!

そしてコギャルは今も存在するのか?ということですが、現役の高校生がコギャルとして存在することは、ほとんどないようです・・・。

しかし!昔を懐かしんで、成人した人がコギャルの格好やメイクをコスプレ感覚ですることは今もあり、『高校生ギャル』ではなくて、コギャルの格好をしている人たちをまとめて『コギャル』と呼ぶようです。

形は少々変わりましたが、今でもコギャルは存在していました!

 

まとめ

コギャルとは?

『高校生のギャル』を略した言葉。

コギャルの特徴

  • 茶髪
  • 日に焼けた肌にルーズソックス
  • 派手なメイク
  • ミニスカートに厚底ブーツ
  • コギャル語(MM、MK5、チョベリバ、借りパク、チョコンバなど)

元コギャルの今の姿とは?

小麦色の肌から現在は白い肌に変わり、デザイナーやモデルとして活躍している方もいる。

そして、コギャルの格好を楽しむ大人たちを『コギャル』と呼び、形も変えてもコギャルは存在していたということもご紹介しました。

個人的な意見ですが、コギャルはみんな元気で明るい人が多かったです!病気をしたとか具合が悪そうにしている人は見ませんでしたし・・・。みんな若くて健康だったんだなぁとしみじみ感じます。

コギャルとはもはや、日本の文化です!この文化が長く続いて行くといいですね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

カリスマ性を身につけよう!

スポンサーリンク



1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です