機械音痴の3つ原因と3つの治し方

⏱この記事は4分で読めます

機械音痴とは機械の操作がまるでできない状態のことですが、スマートフォンやパソコンなどあらゆる機械の操作が苦手で、機械を見ると拒否反応が出る・・・そんな方はいませんか?機械音痴の方の原因と治し方を、こちらの記事ではご紹介しています。機械音痴の原因にはこんな原因があったの!?と意外な原因を知る機会になるかもしれませんので、ぜひ読んでみてくださいね!

スポンサーリンク

 

機械音痴な人の原因とは?

パソコンのコードをいじる人

新しいものに挑戦するのが面倒

機械音痴の人で「最近の新しい物はよくわからなくて・・・」というのが口癖になっている方、多いのではないでしょうか?

新しい機械や自分の触ったことのない機械の使い方を、自分ひとりで一から覚えるのは大変ですよね。なので、機械音痴の人は、「機械音痴と言っておけば誰かがやってくれるだろう」という甘えた気持ちが心のどこかにあるはずなのです。

ですが、別な視点から見るとそれは『新しいことを始めるのを面倒くさがっているだけ』とも解釈できますね。

このタイプは、新しく覚えるのが面倒くさいことが原因で、機械音痴になっているタイプです。

 

機械を自分でいじったことがない

機械の修理や機械の操作など、今まで誰かがやってくれていたため自分で機械を触る必要がなかった人は機械音痴になりやすいです。

いざ自分で機械をいじろうとしたら使い方も何もかもわからずに「私、機械音痴だな・・・」と自覚するのです。

このタイプの周りには、やたらと機会に詳しい人が多いことも特徴です。

機械音痴の人自信に原因があるというよりは、機会に詳しい人に恵まれた環境にいつもいることが、機械音痴の原因と言えそうです。

 

苦手という強い思い込み

機械音痴な人の中で、『自分で勝手に機械音痴だと思い込んでいる』ことが原因の人は、結構多いはずです。

例えば10kmのマラソンをしなくてはいけない時に「私は絶対走れない!」と思い込むと、急にお腹が痛くなったり走ることが他の人より苦しく感じることがあります。

それと同じで、「自分は機械音痴!」という思い込みは自分の行動さえも制限してしまい、やる前から「機械音痴だから何もできない」と自分自身で決めつけてしまうのです。

新しい機械を触らなくてはいけない状況でも、「自分は機械音痴!」という強い思い込みが行動を制限するので、新しいことをなかなか覚えられません。

なかなか覚えられないと機械の操作を間違えて『失敗した経験』が記憶に残りますよね。そうすると『失敗=できないこと』と認識して『自分は機械の操作で失敗してうまくできないから機械音痴だ!』と負の連鎖ができてしまうのです。

ここまで3つの機械音痴の原因をご紹介しました。

新しいスマートフォンやパソコンなどを購入した時に「機械音痴じゃなかったらこんなに操作に苦労しないのにな・・・」と機械音痴な人は悩むことがあるはずです。

でも、機械音痴を治す方法は、実はシンプルな方法でした!

次からご紹介していきます。

スポンサーリンク

 

治す方法とは?

カメラや時計などの日用品

自分でやってみる

機械音痴の人は機械に触るなり操作をするなり、実際に自分でやってみるのがおすすめです。

説明書を見たり、機械に詳しい人が周りにいれば人に教えてもらいながら、操作をするのは自分でやってみましょう。

新しい物を覚えるのも大変なのは最初だけなんですよね。

一度覚えれば、次からは自分一人でもできるようになります。

例えば、新しいスマートフォンの操作は最初覚えるのが大変で嫌になりますが、日常的に使う物なので、使っているうちに嫌でも慣れてしまいます。

自分でやってみると、難しいと思っていたことも実は難しいことではなく、「私はただ自分が難しいと思っていただけ」ということに気付けるはずです。

 

淡々とこなす

機械音痴の人は「自分は機械音痴だから無理!」「苦手だからできない!」と色んな理由を出して、本当はできるのに『やらない』だけなのではないでしょうか。

とにかく作業をする、操作をすることを「苦手だからできない」などと考える隙を自分に与える前に、淡々とこなして何度も繰り返しやってみましょう。

一つ一つこなすことで成功体験を積むことができ、機械に対する苦手意識が薄れてくるはずです。

 

わからないことを放置しない

機械の操作には特に、訳の分からないカタカナや聞きなれない言葉がたくさん出てきます。

機械音痴の人は馴染みのない言葉に出会うとすぐに「うわ!訳の分からない言葉!もう無理!」と立ち止まり、先に進めなくなってしまいます。

それをそのまま放置すると、またどこかでその言葉に出会った時に先に進めずに、そこで苦手意識を持ってしまいます。

分からないことは、機械に詳しい人に聞くか素早くネット検索し、言葉や機械の仕組みを知ることが機械音痴を治す方法の一つです。

言葉や仕組みを自分で調べることで覚えられ、自分の中で疑問が解決できたり、腑に落ちると苦手意識が克服できますし、自分で調べた方がよりよく覚えられたり理解しやすくなります。

集団行動が苦手な大人の克服法とは?

 

まとめ

機械音痴な人の原因は

  • 新しいものに挑戦するのが面倒
  • 機械を自分でいじったことがない
  • 苦手という強い思い込み

以上の3つの機械音痴の原因をご紹介しました。

機械音痴を治す方法ということで

  • 自分でやってみる
  • 淡々とこなす
  • わからないことを放置しない

以上の3つの方法をご紹介しました。

特に女性の方や年配の方に、機械音痴の方は多い傾向にありますが、男性でももちろん機械音痴の方はいるはずです。

でもなぜか、『男性=機械に強い』と世間一般では思われていて、機械音痴の男性は肩身が狭い思いをしているかもしれないですね・・・。

こちらの記事が機械音痴の方にとって少しでも役に立てば幸いです!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

スポンサーリンク

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です