仕事のプレッシャーを6つの方法で乗り越えよう!

指をさすスーツ姿の人

⏱この記事は5分で読めます

仕事のプレッシャーを感じて具合が悪くなった時ってありませんか?私はプレッシャーを感じすぎて、震えが止まらなかったことがありすが(物凄いストレスだったのでしょうね・・・)、そんな仕事のプレッシャーを乗り越える方法をこの記事ではご紹介しています!個人的な経験を踏まえた「仕事のプレッシャーを乗り越える方法」をぜひ読んでみてくださいね!

仕事のプレッシャーを乗り越える方法

書類に書き込む手

自分にできないことは頼まれない

今までに経験したことのない仕事を任された時、一度失敗している仕事を任された時、周りを引っ張るまとめ役に抜擢された時など、仕事の色んな場面でプレッシャーを感じることがありますよね。

そういう時は決まって「私には絶対無理!できない!」と、否定的に考えてしまいます。

初めてのことでは尚更できないと思ってしまいますし、そのまま仕事を引き受けても「大丈夫かな~ちゃんとできるかな~」と不安でいっぱいになってしまいますよね。

でも、仕事を頼む側は『この人ならできるから、この人に任せよう』と、任せる人の器量を考えて仕事を依頼していることを知っておきましょう。

よく『神様はその人ができない試練は与えない』と言いますが、まさにこの通りなのです!

なので、新しい仕事を依頼されても不安に思わずに、「自分にはできる仕事だから大丈夫だ」と落ち着いて、一つずつ仕事をこなしていきましょう。

 

考えるより行動に移す

「締め切りまでに仕事終わるかなー・・・」とか「これってちゃんとできてるのかなー」など、仕事をしていく上で進行状況がはっきりしないと、ちゃんとできているか悩むことがあります。

そういう時には、悩むよりも行動に移した方が問題も解決しますし仕事も進みます。

私は以前、とんでもない量の仕事を任されたことがあります。

通常の業務をこなしながら任された仕事の分もしていくわけですが、仕事が休みの時にもその仕事のことが気になり、休んだ気にならなかった記憶があります。

結局、休日とはいえ落ち着かないので仕事に出たことがあります。ただ、休日に出勤してまでやるのは極端な例なので、おすすめしません(言っておいてなんですが・・・)。

できるかな?と悩んでるくらいなら、実際に行動に移した方が安心するしうまく行くことが多い、という事をご紹介したかったのです!

休日にゆっくり休むことは、仕事を効率すすめるためにも大切ですから、休める時はゆっくり休んでくださいね。

 

 

自分一人で悩まない

仕事を任されると責任感の強い人だと特に、「自分でやらなくちゃ!」と仕事を一人で抱え込みがちです。

このような人の場合、誰かに相談したり誰かに手伝ってもらうことに罪悪感を感じていることがあり、一人で仕事をこなそうとするのです。

いくら『神様はその人ができない試練は与えない』と言っても、一人で何でも解決しなさい!ということではないはずなんです。

誰かに協力してもらってわかることや、誰かに相談してそれだけで仕事のプレッシャーから解放されることもありますので、一人で抱え込むことはやめましょうね。

スポンサーリンク

 

 

成功することを想像する

仕事のプレッシャーに弱い人は、仕事で成功しなかった時の想像ばかりしてしまいます。

「失敗したらどうしよう」「誰かに迷惑をかけてしまうかも・・・」など、良くないことを考えてますます不安を抱えてしまうのです。

仕事で悪い方向に行ってしまうことを想像するのは、決して悪いことではありません。

でも考えすぎるのは、自分で自分にプレッシャーを与えてしまうだけです。なので、失敗することよりも『成功すること』を多く想像するようにしましょう!

より具体的に成功イメージを作ることで、仕事の流れもスムーズになるのではないでしょうか。

また、途中で困難にぶつかったとしても、またそこから成功イメージを作り上げていけばいいので、途中で挫折することもなく仕事が進められるでしょう。

 

気を抜く時間を作る

仕事のプレッシャーに弱い人は仕事が成功するかどうかの不安から、ゆっくりする時間を作らない人が多いです(休みの日に出勤していた私のように)。

ゆっくりする時間があったとしても、その間も仕事のことを考えてしまうことが多いはずです(私がそうでした!)。

しかし、仕事から解放されてゆっくりと過ごす時間というのは本当に大切で、定期的にゆっくり過ごす時間を作ることで、心の余裕が生まれます。

その余裕が、仕事への集中力を高めて、効率よく仕事を進めることができるのです。

プレッシャーにつぶされて焦りながら仕事をしている人が、いい結果を生み出すとは思えませんよね。

プレッシャーを乗り越えるために、気を抜く時間を作ることはとても重要なことなのです。

 

今日できなかったことを引きずらない

仕事をする時に「今日はこの辺まで終わらせよう」と、その日の目標を持って仕事をすることってありますよね。多くの人が、毎日の目標を決めていることでしょう。

でも、その日の目標が達成できなかった時、少し焦る経験はしたことありませんか?

時間にも日にちにもまだまだ締め切りまでに余裕がある、という時はいいんです。

締め切りが迫ってきている時には、その日の目標を達成できなかったことが物凄く悔やまれるんです。
しかも、締め切りまでに時間がないので焦ります・・・。

この焦った気持ちのまま翌日の仕事に励んでも、心に余裕がないので普段はしない失敗をして、更に目標が達成できない、ということにもなりかねません。

なので、今日達成できなかった目標もそれはそれでよし!としましょう。

気持ちを切り替えて少しでも余裕を持つことが、プレッシャーを乗り切るために必要なことです。

達成できなかったことは翌日にはリセットし、達成できる目標を持って仕事に励んでいきましょう。

焦る前に、「自分はできる!」と信じて、毎日達成できるような小さな目標を持って、成功体験を重ねることが自信につながり、プレッシャーを乗り越える糧となりますよ!

 

まとめ

真ん中で手を合わせる人たち

仕事のプレッシャーを乗り越える方法ということで

  • 自分にできないことは頼まれない
  • 考えるより行動に移す
  • 自分一人で悩まない
  • 成功することを想像する
  • 気を抜く時間を作る
  • 今日できなかったことを引きずらない

以上の6つの方法をご紹介しました。

私もプレッシャーには弱い方です。『成功させることも大切』と思うのですが、をれを考えると体に力が入ってしまうんですよね・・・。

それよりも『自分の力をどれだけ発揮できるか』という、自分のベストを尽くせるかどうかをポイントとして、色んなことに挑戦するようにしています。

プレッシャーとは自分の思い込みの部分もあると考えているので、自分で自分を押しつぶさないようにしてくださいね!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

 

★こちらの記事もおすすめです!

メンタルの強い女性になる方法

仕事に失敗して落ち込む人の原因と対処法

 



3 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です