口が達者な人の5つの特徴と対応策

ミーティング

⏱この記事は4分で読めます

口が達者な人って子供でも大人でもいますよね。しかも、口が達者な人ってなぜか周りを不快にする人が多いような気がします(私だけでしょうか?)。こちらの記事では、口が達者な人の特徴や、対応策をご紹介しています。ぜひ参考にしてみてくださいね。そして、口が達者な人を黙らせちゃいましょう!

スポンサーリンク

 

口が達者な人の特徴とは

パソコンの前で熱く語る男性

口が達者な人とは『口がうまくてよくしゃべる人』という意味があります。

まだ4~5歳の子供が大人顔負けの発言をすると、「この子は口が達者だね~」と言われたりしますね。

大人に対しての口が達者とはあまりいい意味で使われないイメージですが、早速、口が達者な人の特徴を具体的にご紹介しましょう!

 

プライドが高い

口が達者な人はプライドが高いので、自分をよく見せようとします。

例えば相手よりも偏差値の低い大学を卒業していた場合、プライドが邪魔をするので正直に言えずに「私は○○大学卒業だけど、首席で卒業していて、在学中に有名な会社からいくつも就職のオファーがあったけど、希望じゃないから断った」など、聞かれていないことまで話してしまうこともあります。

普通ならどこかでボロが出るものですが、口達者な人はしゃべるのがうまいです!なので、話に嘘を加えて少々誇張してもうまく話せてしまうのです。

 

言い訳がましい

仕事を任された時など、その仕事に対しての自分の考えやその理由、更には別な人がその仕事をやるべき理由を提示してくるなど、やりたくないことやできないことに対しては、言葉巧みに解説します。

ただこれは、簡単に言えば「やりたくない(またはできない)ので、無理です」と言いたいのに、プライドもあって素直に言えず、ダラダラと言い訳しているだけなんです。

すごいことを言っているようで実はただ言い訳してるって、かっこ悪いですよね・・・。

口が達者な人はしゃべりがうまいので、お人好しな人は口が達者な人に騙されてしまうかもしれませんね。

 

否定的で攻撃的

口が達者な人はよくしゃべりますが、言い訳や相手のことを悪く言うことに長けています。

人のことを良く言ったり褒めたりする人のことは、口が達者とは言わないですよね。

口が達者な人は、その才能を相手を褒めたり励ますことには絶対に使わないのは、やはりプライドが邪魔しているからなのでしょう。

そして、相手を言葉でねじ伏せることに全てをかけているので、口が達者な人には近づきにくいイメージがあります。

 

気が弱い

口が達者な人は、その口調も否定的で攻撃的だとご紹介しましたが、実は気が弱いのです。

否定的で攻撃的なのは、気の弱さの裏返しと言ってもいいでしょう。

相手に言われる前に巧みなしゃべりで、周りの攻撃から身を守っているのです。

なので、正論をぶつけてくるような敵わない相手には、黙ってしまうはずです。また、自分のことを直接言葉で攻撃してくる相手も苦手です。

 

自己主張が強い

口が達者な人は自己主張が強いので、自分の考えを押し通そうとしますし、人の話は聞きません。

例えば、口が達者な人に悩み相談をして話を聞いてくれたとしても、その悩みに対して自分の考えを延々話して、「だからこうした方がいい」と具体的な案を指示してくるでしょう。

口がうまいので、少し弱い人は口達者な人のパワーに押されて、口達者な人のされるががままになってしまいます。

口が達者な人が近くにいると「ウザい」とか「扱いが面倒」とか、マイナスイメージを持ってしまい、口が達者な人の対応に困ることもありますよね。

次からは、そんな口が達者な人への対応策をご紹介していきます!

スポンサーリンク

 

口が達者な人にはこうやって対応しよう!

メモが書いてあるノート

口が達者な人には、『淡々とシンプルに質問する』という対応策があります。

例えば、仕事を頼んだら口が達者な人はやりたくないので、延々と言い訳してきたとします。それに対して「それで仕事やるの、やらないの、どっち?」と質問しましょう。

口が達者な人はおしゃべりが災いし、シンプルな言葉を返すのが苦手でどうしても回りくどく言い訳してきます。でも確信をつかれれば、それに対する答えを言わざるを得ませんね。

他にも、仕事に対してやりたくない理由を言ってきた場合は、それに対してこちらから質問します。

例として、

口達者「今私は他にも任された仕事があり、時間がないんです。それを終わらせる前にまた仕事を受け持つと全て中途半端なりますし」

自分「どの仕事が終わってないの?どうして時間がない?その仕事を全てこなすにはどうしたらいい?」

口達者「・・・」

このように言ってきた言い訳に対して質問すると、口が達者な人は何も言えなくなるでしょう。

口が達者な人は、口では色々言えても行動に移すことができないことが多いです。なので、仕事ができると自分で言っておきながら、実は何もしていないということもあります。

口が達者の人を論破するには淡々とシンプルに質問し、相手が行動に移すように仕向けることです。

口が達者の人を黙らせたらこちらの勝ち!ですので、試してみてくださいね。

 

まとめ

口が達者な人の特徴とは

  • プライドが高い
  • 言い訳がましい
  • 否定的で攻撃的
  • 気が弱い
  • 自己主張が強い

以上の5つの特徴がありました。

次に、口が達者な人への対応策として『淡々とシンプルに質問する』という方法をご紹介しました。

口が達者な人は本当にしゃべりがうまいので、こちらも圧倒されるんですよね。でも、必ず弱点はありますので「今言ってたこと、自分で調べたのかな?」とか「今のこと、自分でやったことあるのかな?」など質問する部分が必ず出てきますので、ここぞという時にこの方法を使ってみてくださいね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

★こちらの記事もおすすめです!
気分屋な男の心理とは?

頭でっかちな人の特徴とは?

スポンサーリンク

 

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です