コンプレックスの塊を克服するための5つの方法

⏱この記事は5分で読めます

「誰もが持っているコンプレックスですが」という言葉をよく目にしますが、誰もが持っている物なのに、それで悩んでる人もいればそうでない人もいるのは不思議ですね。こちらの記事では、コンプレックスの塊を克服する方法をご紹介しています。元コンプレックスの塊だった私も、この方法でコンプレックスを気にしなくなりました。コンプレックスで悩んでいる方の気持ちは物凄くわかります・・・そんな方へ参考になれば嬉しいです!

コンプレックスの塊を克服する方法

肌を気にする女性

自分のコンプレックスと向き合う

「あなたがコンプレックスだと思う部分をできるだけ書き出してみてください」と言われたら、どのくらい書き出せますか?

私なら、10個とか20個は書き出せました(自慢にも何にもならないのですが・・・)。

コンプレックスの塊になっていると、自分の良い部分も悪く捉えてしまったり、全てを悪い方へ考えてしまうのです。

そして、そのたくさんのコンプレックスを言い訳にしていました。

私は特に、見た目に関してのコンプレックスはひどかったです。痩せている方ではありませんでしたし、写真写りが悪いこともあり、顔も整形したいほどでしたので・・・。

私は自分のコンプレックスに向き合わなかったので、「本当の自分はこんなんじゃない!」という気持ちが強くなっていました。だからといって変われない、行動力のない自分に苛立ちもありました。

コンプレックスに向き合うということは、コンプレックスを認めるということです。

一度認めてしまうと、許せなかったことが許せて気持ちが楽になるので、声に出して「自分の顔や体型を含めて全部自分、だからこれでいい!」と言ってみてくださいね。

スッキリするはずです。

私が自分の見た目にコンプレックスを抱かなくなったのはコンプレックスを認めたことで、『体はただの入れ物』と思うようになったからです。

『体はただの入れ物』なので、実は簡単に装飾したり変えたりすることができるんです。でも中身は簡単に装飾したりは難しいですよね。

そして、コンプレックスを受け入れるとそれに対する悩みがなくなるので、表情も明るくなるようです。私はコンプレックスと向き合うようになって「ニコニコしてていいね!」と言われることが多くなりました(そうなる前はブスくれていたんだろうな~)。

見た目のコンプレックスと向き合って、中身を成長させることで、更に見た目が輝くということですね!

他人と比較しても「いいな~」はやめる

コンプレックスの塊の人は『全てを悪い方へ考えてしまう』とご紹介しました。

例えば、友達と話していて「今の人、すごくきれいな人だったね!」と友達が言ってきたとします。

その友達は、今通った人がきれいだったという情報を共有したいだけなのに、コンプレックスの塊の人はこう思ってしまいます。

「私は不細工だけどね・・・」と。

コンプレックスの塊の人は、常に誰かと自分を比較して「自分はダメだ」と劣等感を抱いています。

でもこれは、比較してまで自分のコンプレックスを増やしているとも言えますね。

他人ととどうしても比較してしまうなら、「いいな~」と思うのはやめて、「あの人の良い部分はどこなんだろう?私が真似できるところはどこかな?」と相手のいい所を探すようにしましょう。

スポンサーリンク

 

 

自分を崖っぷちに立たせる

「自分は何もできない」と思っているのなら、何でもできる環境を作ってしまいましょう。そして行動するのです。

例えば仕事が遅いなら、仕事が早い人や仕事に厳しい人の側で仕事をして『絶対にやらなきゃいけない環境』に身を置くと、嫌でも仕事がはかどります。

勉強でもそうですが、塾など勉強をしなくてはいけない環境に身を置くと、やらざるを得ないですよね。

最初は辛いですが、仕事や勉強ができるようになった時、「仕事ができないコンプレックス」や「勉強ができないコンプレックス」から抜け出せるのではないでしょうか?

どうしても痩せたいなら高額のジムに入会するのもいい方法ですよね。

どうしても自分のコンプレックスを克服したいなら、無理やりでも克服する環境に身を置くこともおすすめの方法です。

 

小さな目標を達成させていく

コンプレックスの塊の人は、自分の理想が高すぎることも原因の一つです。

『完璧』を求めすぎるあまりに、「自分はまだまだダメだー・・・」と思ってしまうんですね。

でしたらまずは、小さい目標を達成し、理想の自分に着実に向かうようにすればいいのです。

顔にコンプレックスがあるなら、鏡を見たら必ず笑顔を作るとか、体型にコンプレックスがあるなら5分だけでも歩こうとか。必ず達成できる目標を作り、毎日達成していくのです。

すると、続けることで必ず成果が出てきて楽しくなり、自信にもつながります。

(毎日笑顔を続ければ、習慣化していつでも笑顔でいられますし、5分間のウォーキングでも下半身が引き締まるなど、必ず効果がでます!)

それを夢中にやっていると、いつの間にかコンプレックスのことを気にすることもなくなってきます。

①自分を変えることもできで②自信もついて③コンプレックスを気にすることもなくなるという、一石三鳥の効果があるってすごいですよね!

毎日小さな目標を達成するということをぜひ、試してみてくださいね。

良い方向にマインドコントロール

自分のコンプレックスの部分を褒めることで、「ダメじゃない!」と言い聞かせてしまいましょう。

最初は自分を褒めることに抵抗を感じます。でも毎日褒めると、「コンプレックスって逆にチャームポイントじゃない?」と思えてくるんです。

私は20代後半から目の周りのシワが気になり始めましたが、「そのシワも優しそうな表情が出ていいんじゃない?」と無理やり言い聞かせてることで、気にならなくなりました。

そもそも、周りの人に私の目の周りのシワのことを聞いても、「え?シワあったの?気づかなった」と言われるくらいなので、他の人はその人のコンプレックスなんか全く気にしてないんですよね。

コンプレックスは無理やりでも前向きな解釈をすることで、良い方向に捉えることができますよ。

まとめ

喜ぶ女性

コンプレックスの塊を克服する方法ということで

  • 自分のコンプレックスと向き合う
  • 他人と比較しても「いいな~」はやめる
  • 自分を崖っぷちに立たせる
  • 小さな目標を達成させていく
  • 良い方向にマインドコントロール

以上の5つの方法をご紹介しました。

私もコンプレックスの塊だったので、正直苦しかったです。

でも、許せない部分を一度許したら本当に気持ちが楽になり、心にゆとりができました。その分、周りの人に優しくできている自分がいます!

コンプレックスの悩みは尽きない方は多いと思いますが、『コンプレックスと共に生きる』ことを意識するとコンプレックスも特別な物ではなくなりますし、不思議と気にならなくなります。

こちらの記事が、コンプレックスの塊を治したい!という方の手助けになれば幸いです。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました!

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です