数字に弱いってどんな人?数字に強くなるトレーニングとは

⏱この記事は4分で読めます

実は私は数字が苦手なのですが、私のように数字を見ただけで頭がクラクラするような数字に弱い人、いませんか?私は算数も数学も数字の付くものは見るのも嫌なほどですが、生きている限り数字を見ないで過ごすことはできません・・・。こちらの記事では、数字に弱い人の特徴や、数字に強くなるトレーニング方法をご紹介しています。私のように数字に弱い人が、少しでも数字に慣れて快適に過ごせればいいなと思いシェアします!

スポンサーリンク

 

数字に弱い人の特徴とは?

電卓

 

数字を見るのさえ嫌

数字に弱い人は、数字に対して嫌悪感を抱いているので見るのも嫌なはずです。

ちょっと大げさに聞こえるかもしれませんが、街で誰かに3桁の数字の計算や分数の計算の答えを求められたらどうでしょうか(このような事はほとんどないでしょうけど・・・)?

普通の人が「最近頭動かしてないから、久々に計算でもやってみるか!」となるところを、数字に弱い人はできるだけ遠くに逃げるはずです。

問題を解くとか「久々に数学やってみよう!」と考える前に、数字に弱い人は「数字、見たくない」という感情が先に出てしまうのです。

 

食事の会計は大雑把

友人と二人で食事に行った時に「今日は割り勘で」ということ、ごく当たり前にある光景ですよね。

二人の合計が2514円の食事をしたら、ほとんどの人が一人当たり1257円だということがわかるはずです。

でも数字に弱い人は計算が苦手なので、こうなります。

数字に弱い人「今日は私が払うから、次は奢ってね!」

これはただ気前がいいのではなくて、『計算が面倒だしそもそも計算するのも嫌』という心理もあったりします。

数字に弱い人との食事は、奢るか奢られるかのどちらかです。

 

物事を順序立てて組み立てるのが苦手

数字に弱い人は物事を順序立てて組み立てるのが苦手でなので、何か問題が起きても「どうにかなるだろ」精神が強いです。

例えば、水泳が上手になりたいけどうまく泳げない人がいたとします。

普通の水泳が上手くなりたい人は、

  1. どうして下手なのか(良くない部分を発見する)
  2. どのような練習が必要なのか
  3. その練習を一日どのくらいするべきなのか
  4. 実践してみる

というように水泳をうまくなるための方法を順序立てて考えることができます。

でも、数字に弱い人は

  1. どうして下手なのか
  2. とにかくがむしゃらに泳いでみよう、どこかで急に上手くなるかもしれないし!

と順序立てるのが苦手です。考えるよりも行動に移すことが多いのも数字に弱い人の特徴です。

数学は公式に当てはめて順序立てて解く問題が多かったり、会社では数字を見て売り上げを伸ばす改善策を見出したり分析したりしますよね。

そういったことは全部苦手!なのが数字に弱い人なのです。

 

簡単な計算でさえ合っているか不安

普通の人が簡単に暗算でできる計算でも、数字に弱い人にとっては自信が持てません。

なので、いつでも計算する時は計算機は必須!

150円のジュースを5本売るのにも、私だったら必ず計算機を使って間違いがないようにしますね・・・。

数字に弱い人の特徴をいくつかご紹介しましたが、できれば誰もが克服したいと思っているはずです(私もそのうちの一人です・・・)。

そこで!数字に強くなるトレーニング法を調べてみましたので、ご紹介していきますね!

スポンサーリンク

 

数字に強くなるトレーニングとは?

鉛筆と計算式

レシートで数字遊び

多くの人がほぼ毎日手にしているのではないかという、レシート。

お金を払った時にはだいたいもらいますが、このレシートで数字遊びをして数字に強くなろう!という方法なんです。

例えばスーパーで、助六寿司350円、ゼリー150円、ペットボトルのお茶120円を買ったとすると、合計は620円となります。

これを3人分だったらどうなるかな?と考えると、620×3=1860の計算式が出来上がりますね。

更に8人分だったら?消費税が10%、15%になったら?と色んなシチュエーションで考えてみると、色んな計算式が出来上がります。

ただの数字ではなく見慣れたレシートに書かれた数字を使うことで、嫌悪感を抱かずに数字にな慣れることができそうですね。

眠りを誘う簡単計算

なかなか眠れない夜って時々ありませんか?

そんな時に使えるのが、羊を数えるのではなく、数字を足していく方法です。

始めは1+1=2から始まり、2+2=4、4+3=7・・・と、足した数の答えと数字の順番を足していく方法なのですが、数字が大きくなると意外とつまずいたりします。また、寝る前以外にもどこでも簡単にできるのがいいですね。

慣れてくれば大きな数字から始めてもいいですし、100から数字の順番に引き算をしていくのもいいですね。

簡単な計算から始めることで、少しづつ数字に強くなりましょう。

 

自力で計算してみる

数字に弱い人は計算機が必須!と書きましたが、道具に頼っている限りはなかなか数字に強くなれません。

それを鍛えるために、計算機を使わないで自力で計算してみるとか、買い物の時には自力で計算してレジより先に答えを出してみようとか、少しでも自力で計算をする習慣を身に付けましょう。

数字に関しての成功体験を積み重ねることで、数字に自信を持てて強く慣れるのではないでしょうか!

まとめ

数字に弱い人の特徴は

  • 数字を見るのさえ嫌
  • 食事の会計は大雑把
  • 物事を順序立てて組み立てるのが苦手
  • 簡単な計算でさえ合っているか不安

以上の4つの特徴をご紹介しました。

次に数字に強くなるトレーニングということで

  • レシートで数字遊び
  • 眠りを誘う簡単計算
  • 自力で計算してみる

以上の3つの方法をご紹介しました。

数字に強くなるにはスマホのアプリゲームもありますし、本格的に数字に強くなる=数学を学ぶなら、数学塾に通うのも一つの方法ですね(今はオンラインで数学が学べるところもあるようです)。

数字に弱い人がいきなり塾に行くのは難易度が高すぎるので・・・、まずは『数字に慣れる』ところから克服してみてはいかがでしょうか。私もそこから数字の弱さを克服していこうと思います!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

スポンサーリンク
 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です