もやしは栄養がない!?加熱しすぎや食べ過ぎは良くないの?

もやし

⏱この記事は5分で読めます

決して主役にはならないけれどあると便利な『もやし』、子供のお小遣いでも数袋購入できてしまう『もやし』、そんなもやしのことを、あなたはどれだけ知っていますか?

こちらの記事では

・もやしに含まれている栄養素の数々
・もやしの取り扱いと調理法についての真実
・もやしを食べ過ぎると良くない理由

について知ることができます。

「もやしなんかに栄養はない」と思っている方、もやしのことを知ればその考えが覆るでしょう。

スポンサーリンク

もやしは栄養がないってホント?

もやしのナムル

結論をいいます。もやしに栄養がないと言うのは嘘っぱちです。

でも、もやしには栄養がないと思っている人が多いのは事実です!なぜもやしはそのように思われているのでしょうか?
理由を考えてみました。

もやしには栄養がないと思われている理由

・異常なまでに安い価格設定(安い=大した事ないという誤解)
・味がない(水分しかないんじゃないか)
・体が弱そうな人を「もやしっ子」というくらいだから、もやしは栄養がないに決まっている

などの理由が考えられます(偏見もありますが・・・)。

でも、もやしには実はこんなに栄養があるんですよ!

・カリウム
血圧を下げる効果や摂り過ぎたナトリウムの排泄を助けてくれるので、むくみを解消する効果もあります。

・葉酸
お腹の赤ちゃんが正常に育つのを助ける働きがあります。妊娠前や妊娠中にも、葉酸のサプリメントは体に良い効果をもたらすと言われていますね。また、葉酸には血液を作る働きもあり、脳梗塞や心臓疾患を防ぐ働きもあります。

・カルシウム
骨や歯を作る働きのほかに、筋肉の収縮や神経細胞の働きを助ける、血液が固まるのを助けるなど、実は色々な働きをしているカルシウム!「イライラしていたらカルシウムを摂ろう」というのは、カルシウムが興奮状態やイライラを抑える働きをするためと言われています。

・食物繊維
便秘を予防するための栄養素として有名なのがこの「食物繊維」ですね。実はそれ以外にも、生活習慣病を防ぐ働きがあることも知られています。

・ビタミンC
肌をきれいに保ったり、健康を保つために不可欠な栄養素です。また、ストレスを受けやすい人は多くのビタミンCを消費すると言われており、身体的や精神的なストレスを受けている人ほど、ビタミンCを多く摂取する必要がありますね。

このように、もやしにも大切な栄養素が含まれていることがわかりましたね。

そして、もやしにはこんなヒミツもあります↓

もやしは種子本来の栄養素に加えて、発芽・成長しながら、あらたに別の栄養素が生成するという特殊な野菜です。低カロリーで健康に役立つ様々な栄養素を含んでいるので、ヘルシーな食品なのです。

引用元:もやし生産者協会

この他、もやしには、アスパラギン酸というアミノ酸の一種である栄養素が含まれており、体を元気にしたりスタミナをつける効果もあるのです。

激安もやしはこんなにも栄養が含まれる野菜だったのですね!

スポンサーリンク

もやしの過熱しすぎは良くないの?

ニラレバ炒め

野菜炒めによく使われるもやしですが、お店で食べる野菜炒め(レバニラ炒めにももやしが入っていることがありますよね)のもやしは、ほとんど火を通してないんじゃないかな?くらいシャッキシャキですよね。

でも家で作る時はつい火を通し過ぎてシナシナになってしまうもやし・・・なんだか栄養もなくなってしまっているように感じますが、実際にはどうなのでしょうか?

もやしには『ビタミンC』が含まれているとご紹介しましたが、このビタミン類は熱に弱いので、加熱しすぎは栄養素が少なくなってしまうのです。

なので、シャッキシャキのもやしの方がシナシナもやしよりも多くの栄養が摂れる、という訳ですね。

また、ビタミン類は水にも弱いため水にさらすことはせずに、できるだけ洗わずにそのまま使うことがおすすめです。(もやしは出荷前にきれいに洗浄されているということで、匂いが気にならなければほとんど洗わずに使ってOKという手間いらずな万能もやし!!)

もやしを炒める時には最後にさっと火を通すくらいにし、茹でる時にも15秒程度茹でるだけでいいので、手早く調理ができますね。

「そんなに火を通さない方がいいなら、生で食べちゃえばいいんじゃない?」と思いますが、もやしは生食ではなく火を通して食べることを想定して作られている食材です。短時間でいいので、火を通して美味しくもやしを食べましょう!

もやしの食べ過ぎは体に良くない!?

豚とメジャー

もやしには色々な栄養素があるとご紹介してきました。

もやしは安くて栄養も豊富、しかもヘルシー』なら、たくさん食べても大丈夫だよね!とダイエット中の方は特に思うかもしれませんよね。

もやしのカロリーは300g約40kcalと言われており、スーパーで購入できる普通サイズのもやしが1袋200g~250gなので、このサイズを2袋食べても100kcal以下という低カロリー!

でも、気をつけなければいけないことが2つあります。

1つ目は、もやしに含まれる食物繊維を多く摂ることで、下痢が促される危険性があるということ。

2つ目は、もやしの調理法に気を付けるということです。

もやしを茹でてそのまま食べるのは何だか味気ないですよね。だからと言ってごま油を贅沢に使ったサラダや、大量の油を使ったもやし炒め、ほぼマヨネーズのもやしのマヨ和えなど、使う調味料によってはカロリーが跳ね上がりヘルシーとは真逆になる可能性があります!

もやしのヘルシーさを生かして食べるなら、醤油と鰹節でお浸しにしたり、油も少なめで炒めるなどの工夫が必要ですね。栄養満点でコスパも最高のもやしを、食べ過ぎには気を付けて上手に食事に取り入れていきましょう!

まとめ

もやしは栄養がないってホント?

嘘でした。
もやしには、カリウム、葉酸、カルシウム、食物繊維、ビタミンC、アスパラギン酸などの栄養素がいっぱい!

もやしの過熱しすぎは良くないの?

もやしに含まれるビタミン類が熱、そして水にも弱いので、なるべく洗わずサッと火を通すだけの調理がベスト!

もやしの食べ過ぎは体に良くない!?

・含まれる食物繊維を多く摂ることで、下痢が促される危険性があるかも。

・もやしの調理法に気を付けないと、カロリーを多く摂る可能性もあるので、油を使った調味料には気を付けてくださいね。

余談ですが、もやしがあんなに激安なのは、太陽の光や土を必要とせずに水だけで室内で育つため、コストがかからず大量生産も可能という生産のしやすさが、安く提供できる理由と言われています。

安くて栄養満点なもやしは、万能食材といってもいいですね!
これからは栄養部分も意識して、もやしをジャンジャン食べていこうと思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

ナスの効果と効果的な食べ方とは?

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です