本を読む人は顔つきが違う!?読書する人としない人の差

⏱この記事は6分で読めます

最近、本を読んでますか?

それともあまり読みませんか?

仕事や育児、勉強など忙しくて読む暇ないよ!という方が多いかもしれませんね。

しかしながら、わざわざ時間を作ってでも本を読むメリットはたくさんあるんです!

こちらの記事では

・本を読む人がかっこいい理由
・本を読むと仕事や私生活が変わる
・生きることに良い影響を及ぼす
ということを知ることができます。

私もなかなか本をゆっくり読む時間がありませんが、本が大好きで一日5分でも10分でも本を読む時間を作っています。

その人の人生までも変える力がある『本』の力を、あなたも体験してみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

本を読む人の顔つきが違うとはどういうこと?

本とコーヒー

本を読む人の顔つきが違うというのは、『本を読んでいる人の顔はかっこいいよね!』ということなんです。

これは男性でも女性でも言えることです。

もうこうなったら、今すぐ人前で読書をしたくなりますが、なぜそのように思われているのでしょうか?

その理由をご紹介していきましょう。

 

本を読む人がかっこよく見える理由とは?

たちながら読書する女性

下向きな目線

本を読む時に多くの人がする姿勢と言えば、『本を胸のあたりで持って、顔を下げて読むスタイル』ですよね。

そうすると当然ですが、目線は下に向きます。この、下を向いた少し閉じがちな目がかっこよく見えてしまうんです!

例えば、女性が下向きな目線からパッ正面を向く仕草、これを見た男性はなんとなく「どきっ・・・」とするのではないでしょうか?

本を読んでいるとその世界に引き込まれますが、集中した表情から急に緊張の緩くなった顔になると、そのギャップの効果でかっこよく見えてしまうんです。

 

真剣さが伝わる表情

コーヒーと本を読む男性

本を読んでいる人はとても真剣な表情をしている人が多いです。

たとえ面白い本を読んでいたとしても、活字を追う目はとても真剣です。

その表情は、周りで見ている人さえも引き込むほど真剣な表情をしており、とてもかっこよく見えてしまいます。

 

何かに熱中しているというだけでかっこいい

スポーツに励む人や汗を流して働く人、子育てに一生懸命なママや真剣になって趣味に没頭する人、どれも皆さんかっこいいですよね。

このように、「熱中している=かっこいい人」という方程式が私たちの中にはあるので、熱中している人は誰でもかっこいいと無条件に思ってしまうんです(注:個人的な意見です)。

他の例を出すと、漫画を読んでも熱中していればかっこ良く見えますし、汗を流しながらゲームに熱中している姿だってかっこよく見えてくるでしょう。

また読書については、頭がいい人の趣味であることが多いのもかっこよく見える理由になっているのです。

本を読む人がかっこいい理由をご紹介してきましたが、見た目にもかっこよく思われますし、たくさんの知識を得られるのですから、本は読んだ方がお得ですね!

世の中には「本をよく読む」人もいますが逆に「本は苦手」な人もいます。

読書する人としない人にはどのような差が生まれてしまうのでしょうか?読書する人としない人の差を、次からご紹介していきます!

スポンサーリンク

 

読書する人としない人の差とは?

本をめくる女性の手

知識量の差

読書する人としない人では、知識の量が大きく違ってきます。

例えば、魚の本1冊読んだ人と魚の本を10冊読んだ人がいるとします。

●魚の本を1冊読んだ人が得た知識→魚にはたくさんの種類がいること

●魚の本を10冊読んだ人が得た知識→魚の種類、それぞれの魚の生態や進化の歴史、魚の取り扱い方や飼い方など

このくらい、知識の量が違ってきてしまうんです。

知識ばかりを得て頭でっかちな人も中にはいますが・・・知識はあるに越したことはありませんね!

*頭でっかちな人について知りたい方は、こちらの記事も参考に読んでみてくださいね。

悩む男性

頭でっかちの特徴と頭でっかちを治す3つの方法!

2018年6月12日

 

色んな価値観を得られる量の差

本を読む一組のカップル

人と会ったり仕事をしたり・・・人との関りの中で自分とは違う価値観を得ることができますが、本を読んでも価値観を得ることはできます。

様々な職業の人が書いた本や、歴史的な偉人の考えに触れることができるのも本ならではですよね。

そして、世界中の人の考えを知ることができたり、性別を超えた価値観を学ぶことも可能です。

では、読書をしない人はどうでしょうか?

本を読まずとも、世界中を飛び回り色んな職業の人や偉い人に会って、それぞれの価値観に触れることができれば最高!ですが、それはなかなかできることではありませんよね。

色んな価値観を得ることは、仕事や私生活で視界を広げるために大いに役立つことでしょう。

 

考えようとする力の差

冒険物の小説の最後で、これから魔王と戦うぞ!という場面で話が終わっていたら、読者は続きを想像するしかありません。

勇者達は果たして魔王に勝ったのか、負けてしまったのか、逃げ出してしまったのかなど、続きを「考えさせられる」ことが多いのも本の特徴です。

私たちは時に「考えることってめんどくさい」と感じ、できれば誰かに考えて欲しい・・・と思うこともありますが、それは考えることに慣れてないだけではないでしょうか?

小説だけではなく、色んな本が私たちの考えようとする力を養ってくれます。

そうして考えようとすることで、自分で解決しようとする力が身につくのです。

 

本は生きることに大いに役立つ!

空と本

本は背中を押してくれたり、励ましてくれたり、本を読んで時々不快に感じることもありますが・・・それも経験ですね。

本を読んで無駄なことは何一つないのです。

他の人から紹介されて読んだ本なのですが、とてもとてもよかったので、私のお気に入りの1冊をここでご紹介したいと思います。

それは『物語が教えてくれる7つの習慣』という本なのですが、「7つの習慣」というベストセラー本をストーリーにしてわかりやすく、そして読みやすくされた本です。

この本には31個のメッセージがストーリーと共に書いてあり、1日1つのストーリーを読めば1ヶ月で1冊が読み終わるようになっています。

一つのストーリーが短く区切られているので、隙間時間でちょこっと読めてちょこっと元気をもらえるのも良いところです。

DAY18 目的を達成したいのならば、
まずは、進むべき道を教えてくれる正しい地図を持つことだ。
道が決まれば、そのための行動も生まれる。

引用元:フォレスト出版株式会社 物語が教えてくれる7つの習慣

この本には上記のような名言が31個出てきますが、友達などが悩んで元気のない時にこの名言を使って勇気付けることもできますし、自分自身も励まされますよ!

このように、読書をすることで励まされたり元気をもらえたりすることも多くあるので、よろしければこの機会に本を手に取ってみてくださいね。

ちなみにこちら↓は『物語が教えてくれる7つの習慣』の元になった『7つの習慣』という本です。

この『7つの習慣』は、今や中学生や高校生も学校で教わり、良好な人間関係が作れるヒントをもらえて成功しやすいということで企業だけでなく、学校でも注目されています。

大人から子供まで読めて人生を豊かにする本は他にもたくさんありますので、本を読んでかっこ良く、豊かな人生を歩んでいきましょう!

 

まとめ

本を読む人の顔つきが違う!?とはどういうこと?

「本を読んでる人ってかっこいいよね!」ということ。

本を読む人がかっこよく見える理由とは?

  • 下向きな目線
  • 真剣さが伝わる表情
  • 何かに熱中しているというだけでかっこいい

読書する人としない人の差とは?

  • 知識量の差
  • 色んな価値観を得られる量の差
  • 考えようとする力の差

本を読んでいると「この本は名言だらけ!」「この本読んで癒されたな~」「この本に励まされた!」「恋愛したい!」など、本当に色んな刺激を与えてくれます。

また、本を読んで仕事がはかどったり、恋愛がうまくいったり、毎日が楽しくなるヒントもたくさん隠されているはずです。

本を読めば共通の話題でそこから縁が広がることもありますから、本ってやっぱり素晴らしいですね!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です