おっちょこちょいの意味とは?おっちょこちょいを治す6つの方法

⏱この記事は5分で読めます

ドジな人ほど大きな失敗はしないけど、ちょこちょこミスをしてしまう「おっちょこちょいな人」っていますよね。おっちょこちょいとはよく聞く言葉ですが、どのような意味があるのかご存知でしょうか?

こちらの記事では

・おっちょこちょいの意味
・誰でも意識をすれば改善できる!おっちょこちょいを治す方法

をご紹介しており、「おっちょこちょいという意味を知りたい」という人や、「おっちょこちょいな性格を治したい」という人にぜひ読んでいただきたい記事です!おっちょこちょいな性格は、意識をすることで必ず改善できます。

私はどちらかと言えばドジですが・・・ドジが気になる方はこちらの記事もご覧下さいね!⇒ドジを治す方法とは?

スポンサーリンク

おっちょこちょいってどんな意味?

書類にこぼれたコーヒー

おっちょこちょいとは『落ち着かず、先のことをあまり考えないで軽はずみで行動したり発言したりすること。またはそのような人。』という意味があります。

意味を見る限りでは、おっちょこちょいとは「褒め言葉」ではないことがわかりますね。軽はずみな行動や発言をする人は、周りからはあまり好まれませんからね・・・。

ドジと言われるよりは「おっちょこちょいだね」と言われた方が、まだ可愛げがあるように感じますが、どちらにしてもおっちょこちょいな自分の性格を治したい!という方は多いようです。

自分でおっちょこちょいな性格を治したい!と思っている方は、自分で自分の性格をわかっているということですから、治る見込みは十分あります!

次から、おっちょこちょいな性格を治す方法をご紹介していきますね!

 

おっちょこちょいを治す方法とは?

頭を抱える女性

先のことを考える

おっちょこちょいの人は『先のことをあまり考えない』という特徴があります。でも、意識をして先のことをあまり考えていない訳ではなく、無意識に何も考えずに行動してしまうので、おっちょこちょいになってしまうのです。

それを治すには先のことを考えることが大切です。

先のことを考えるというのは、「これをしたら(言ったら)後々どうなるかな?」ということを予想して行動したり発言したりすればいいのです。

例えば、食器棚にお皿が何枚も積み重なって今にも倒れそうになっているとします。

おっちょこちょいの人はそんな状態でも、積み重なっているお皿の上にまた一枚お皿を積み重ねてしまうでしょう。そして次の瞬間、その積み重なったお皿は倒れて「あ~またやっちゃった・・・私っておっちょこちょいだな」と感じてしまうのです(←私はこのような失敗を何度も繰り返して来ました・・・!)。

でもこれは、「もう一枚お皿を乗せたら倒れて危なそうだから、重ねるのはやめて違う場所に収納しよう」と予想ができて、危険を回避できますよね。

このように、「自分がこれをしたら(言ったら)後々どうなるかな?」を考える癖をつけましょう!

 

落ち着くことを心がける

おっちょこちょいな人は常にそわそわ、ちょこちょこしており、その落ち着きのなさからおっちょこちょいという印象を相手に与えてしまいます。

それを治すためには、まずは深呼吸をして落ち着くことを心がけましょう。

急いでいる時や焦っている時、落ち込んでいる時にも冷静な判断ができなくて落ち着きを無くしてしまいがちですよね。

そんな時にも一歩立ち止まって、深く深呼吸をすることで落ち着くことができますよ。

 

話を最後まで聞く

おっちょこちょいを自覚している皆さん、人の話を最後まで聞いていますか?途中で話をさえぎって、自分の話をし始めたりしていませんか?

私は人の話を最後まで聞いていないことがよくありました・・・。ある程度人の話を聞いたら、その話の内容を自分で勝手に予想して最後まで話を聞かない、ということもよくあったので、人の話はよく聞いた方がいいですね(当たり前ですけどね・・・)!

人の話を最後までよく聞いて先のことを考えるだけで、軽はずみな行動や発言を防ぐことができます!

 

メモを取る

メモとペン

おっちょこちょいな人によくあるケアレスミスをなくすためには、メモを取ることはとても効果的です。

おっちょこちょいな行動をしてしまう一つに、言われたことを忘れてしまうことが原因になっていることもあります。人から言われたことや、忘れてはいけないことは必ずメモに残してください。

私は仕事の時には、人に言われたことなどすぐに覚えることができないので、お気に入りのペンとポケットに入るくらいの小さなメモ帳を常に持ち歩いていました。

ここで大切なことは、そのメモを見ることを忘れないこと!!です。メモを取ったことに安心して、後からメモを見るのを忘れることって結構あるので、気を付けてくださいね。

ケアレスミスをなくす方法とは?

スポンサーリンク

 

失敗を次に活かす

「あ~また失敗しちゃった・・・」「あ~また怒られちゃった・・・」という風に、おっちょこちょいな行動をした時に落ち込んで終わりにしてしまうと、次にも同じことを繰り返してしまいます。

お皿を割った時に「あ~また割っちゃった・・・」と思うだけで済ませれば、すぐにまた同じことをしてしまうでしょう。

でも、「あ~また割っちゃった・・・。考え事をしながら物を持つのは危ないから気を付けよう!」と、失敗した原因の分析をして次に活かすことで、おっちょこちょいな行動を予防できます。

失敗したことを分析するなんてめんどくさい!と思うかもしれませんが、「どうしたら防げたか?」を他の人の目線になって考えることで、落ち着いて行動する練習にもなります。

『失敗は成功のもと』と言うように、失敗は決してダメな事ではないんです!

失敗には、自分の悪いところを治すヒントが隠されていますよ!

 

自己肯定感を高く持つ

おっちょこちょいの人は「どうせ私なんて」という自己肯定感の低さがあります。

自己肯定感が低く自分に自信がないことが、おっちょこちょいな行動や発言をしてしまう原因でもあるのです。

自己肯定感を高く持つと、自分の行動にも自信が持てて、おっちょこちょいな行動や発言をしなくなるはずです。おっちょこちょいだし自信がないという方は、自己肯定感に注目してみてくださいね!

自己肯定感が低い人の改善法方とは?

 

まとめ

おっちょこちょいの意味

『落ち着かず、先のことをあまり考えないで軽はずみで行動したり発言したりすること。またはそのような人。』

おっちょこちょいを治す方法とは?

  • 先のことを考える
  • 落ち着くことを心がける
  • 話を最後まで聞く
  • メモを取る
  • 失敗を次に活かす
  • 自己肯定感を高く持つ

私はどちらかと言えば「ドジ」なタイプなので、「おっちょこちょい」と言われるのは何だか可愛らしくていいなぁ~と思いますが、どちらも治すに越したことはないですね!

仕事でのおっちょこちょいは「可愛らしい」では済まされないでしょうから・・・、おっちょこちょいで悩む皆さんが少しでも改善できることを願っています!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です