正直な人の7つの特徴!自分に正直な人は損をしやすい!?

yesとnoの紙を持つ男性

⏱この記事は6分で読めます

「正直すぎる」という人が、あなたの周りにいませんか?または、そのように他人から言われて「自分は正直な人なんだ」と初めて気づいたり。
子供は正直ですが時に残酷な時がありますよね・・・。大人でも正直な人というのは時に残酷で、周りから毛嫌いされることもあります。そんな正直な人や、正直な人について知りたい!という人に向けて、こちらの記事を書きました!

こちらの記事では、

・正直な人に共通する特徴
・正直な人は損をするのは本当なの!?
・正直な人が得をするのはこんな時!

以上のことをご紹介しています。
嘘ばかりついてもいけませんが、正直すぎても生きにくいこの世の中・・・。でも、正直な人から学ぶことって多いんですよね!正直な人の特徴を知って、理解を深めていきましょう。

スポンサーリンク

正直な人の特徴とは?

誠意の文字

嘘が苦手

正直な人は嘘をつくのが苦手です。そもそも正直な人は、自分にも正直なので嘘をつく必要がなく、嘘をつくことに慣れていないのです。

なので、友人の誕生日会のサプライズも黙っておけずに、「今日、あなたにサプライズがあるよ!」と言ってサプライズも失敗に終わる、なんてこともあります。

また、嘘をつくことが苦手なので、お世辞を言うのも下手だったりします。

私は以前、正直者で子供のような純粋な年配の男性に、物凄く下手なお世辞を言われたことがありましたが、その時は返答に困りましたね・・・(その方なりに一生懸命コミュニケーションを取ってくれたのだと思いますが)。

正直な人は嘘が下手だなぁと、改めて感じた体験でした。

 

思ったことが表情に出る

正直な人は嘘をつくのも下手で、思っていることが表情に出てしまうことがあります。

嘘をつこうとしても思っていることが表情に出てしまうので、「怒っていない」と言っても顔に出てしまい、嘘が簡単いバレてしまいます。このように、正直な人は感情がわかりやすいですね。

その分、仕事やゲームなどで駆け引きをするのは苦手なはずです。

 

正義感がある

ヒーローの真似をした少年

正直な人は正義感にあふれている人も多いです。

正直な人は自分にも正直なので、「ダメな物はダメ!」の精神を持っています。なので、街中で悪い人に絡まれている人を見ると、自分の危険をかえりみずに助けようとするでしょう。

他にも、ポイ捨てをしている見ず知らずの人にも注意をしたり、マナーを守れない人には自らすすんで指導するなど、まるでスーパーヒーローのような正義感にあふれているのです。

 

知らずに人を傷つける

自分にも他人にも嘘がつけない正直な人は、その正直すぎる行動で人を傷つけてしまうこともあります。

例えば、「私、最近太っちゃったんだよねー」と言っている友人に対して正直な人は、「そうだね!最近太ったよね!」と何も考えずに無邪気に返答するでしょう。

正直な人は悪気があって言ったわけではありませんが、言われた側はかなりショックを受けますよね・・・。(自分で言うのはいいのですが、自分の気にしていることを他人に言われると頭にきますからね!)

悪気がないとは言っても、知らない間に敵を増やしてしまうのは困りますよね・・・。

 

人を疑わない

初めて会う人と少し話しただけで「この人いい人だ!」と信じて、人を怪しんだり疑わないのも正直な人の特徴です。

私の友人にも正直で純粋な男性がいます。その友人は、出会って数日の人(男性)といきなり2人でルームシェアを始めたことがあり、私はその時とても驚きました!

「同性とは言え、会って間もない人とアパートの部屋をシェアして住むって大丈夫なの!?」と思っていたのですが案の定、金銭面の問題が発生し・・・しばらくしてシェア生活は解消されてしまいました。

正直なことはいいことですが、簡単に人を信じると自分が痛い目を見ることもあるので、少しは人を疑うことも必要ですね。

 

裏表がない

笑う顔と怒ってる顔

特に女性は、裏の顔と表の顔をはっきり分けることができる人が多いですね。

でも正直な人は嘘をつくのが苦手で、思っていることが顔に出てしまうこともあり、裏と表の顔を使い分けることも苦手なのです。

表ではいい顔をして裏では悪口ばかり、ということはできないので、女性の中では正直な人は少し浮いた存在になってしまうかもしれません。

 

何でも真に受けてしまう

人を怪しんだり疑ったりしない正直な人は、言われたことは素直に信じて真に受けます。嘘も本当であると信じてしまうので、騙されることも多いでしょう。

幸せになれると言われて購入した高価な壺や、健康になれると言われて購入したあり得ない値段の布団も、とりあえず買ってしまうのは正直な人だったりします(効果のほどは人それぞれなので、騙されてるとは一概に言えませんが・・・)。

「正直者ほど馬鹿を見る」という言葉がありますが、正直な人は損をしやすい性格なのでしょうか?次からその真意をご紹介していきます!

スポンサーリンク

 

自分に正直な人は損をしやすい!?

倒れた駒

お世辞やおべっかも苦手な正直な人は、知らない間に敵を作り、人を傷つけてしまったり騙されやすかったり・・・。そんな部分を見ると、正直な人は損をしていると言えるかもしれません。

例えば以下のような場面も多いことが、損をしていると言われる原因になるのではないでしょうか?

●上司におべっかを使って機嫌を取る同僚を見て正直な人は、「こいつ、さっきは上司さんのこと嫌いだって言ってましたよ」と本人達の前で言ってしまい、気まずい空気を作り出す

●彼女が「もっと芸能人みたく可愛くなりたいな~」と言ったら、正直な彼氏は「キミは芸能人ではないからそこまで可愛くなれない。しかし、もし可愛くなりたいならもっと自分を磨くべき」と真面目な返答をして喧嘩勃発

●白いコートを友人から「それ可愛いね!」と褒められても正直な人は、「色が可愛いってこと?白色は可愛いの?それともコートの形が可愛いの?可愛い形ってどういうこと?」と真面目に質問を返し、その場をしらけさせる

このように、正直な人は自分の思ったまま正直に発言しているだけなのですが、受け取る側からすると傷ついたり返答に困ったりしてしまい、「正直な人とは関わらないようにしよう」と思われてしまうこともあります。

なので、人との関わりの中では正直に話すことが全て良いとは言えません。コミュニケーションを取るためには多少の嘘(お世辞やおべっかなど)も必要ですから、正直者過ぎるのはあまりよくないかもしれませんね。

しかし!

正直な人は自分が失敗した時やミスをした時にも、嘘をつかないで正直なことを話せる人です。良い部分も悪い部分も包み隠さず話せるので、信頼を得やすいのではないでしょうか。

人は、お互いの信頼関係で成り立っています。

相手の気持ちになって相手を思いやって発言することができれば、正直な人の信頼はより厚いものになるはずですよ!

まとめ

正直な人の特徴とは?

  • 嘘が苦手
  • 思ったことが表情に出る
  • 正義感がある
  • 知らずに人を傷つける
  • 人を疑わない
  • 裏表がない
  • 何でも真に受けてしまう

 

自分に正直な人は損をしやすいの!?

  • お世辞やおべっかも苦手な正直な人は、損をすることが多いのは確か。
  • でも、嘘をつかないで正直なことを言えることは信頼されやすい!

正直な人が浮いてしまう世の中は、それだけ正直ではない人の方が多いからかもしれません・・・(私も含めて)。

全てにおいて正直になることは損をすることもありますが、正直なことが良い場合もたくさんありますよね。

少しだけ慎重になって、相手を疑ったり相手の気持ちになって考えることができれば、正直者は人気者にもなれるはずですよ!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

スポンサーリンク

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です