苦労人の顔つきや特徴!苦労人に漂うオーラとは!?

⏱この記事は5分で読めます

あなたの周りには『苦労人』がいますか?その苦労人は本当に苦労人と呼べるような人でしょうか?

こちらの記事では

・苦労人の顔つきとは
・苦労人の特徴
・苦労人は普通の人とはオーラが違う!

以上のことについてご紹介しています。

苦労人には、本当に苦労してきた人とそうでない人がいます。本当の苦労人には普通の人にはない心の豊かさがあり、学ぶことも多いのです。

本当の苦労人について知ることで、苦労人のすごさがわかると思いますよ!

スポンサーリンク

苦労人の顔つきとは?

女性の笑顔

苦労人には笑顔が多く、朗らかな顔つきをしているという特徴があります。

あなたの周りの苦労人と呼ばれる人を思い出してみてください。皆さん、優しい笑顔をしていませんか?

私の周りの苦労人と言えば、一番に祖母を思い浮かべます。

祖母からは戦時中も戦後も辛い思いをして生きてきた、という話をたくさん聞きましたので、今では考えられないくらいの苦労をしてきことがわかります。

そしてそんな苦労ばかりをしてきた祖母の顔は、いつも朗らかでニコニコしています!

苦労ばかりしてきたのに、どうしてそんなに朗らかな顔つきになるんだろう?と思っていますが、苦労人には他にも特徴がありますので、次からご紹介していきますね!

 

苦労人の特徴

帽子をかぶった男性

全く動じない

苦労人と言われる人は、物事に全く動じないという特徴があります。

苦労人は色々な問題や困難なことを乗り越えてきている人なので、問題が起きても動じることなく冷静に対処できる力があります。

数々の問題に直目しているので、その解決策を知っているとも言えますね。

 

 

人が寄ってくる

苦労人は色々な問題、厄介ごと、めんどくさいことに直面して乗り越えてきました。そこでは色々な人との出会いがあり、関りがあったはずです。

その人と人との関わりの中で色々なことを学んで成長してきた人こそ、苦労人と言えるのではないでしょうか・・・!

そんな苦労人は、悩んでいる人から相談事をされたり頼りにされたりすることが多いので、人が寄ってくるのです。

私の祖母(苦労人)の家にも常に近所の人が集まってきては、お茶を飲んで帰って行きます。

祖母も高齢なので人の相手をするのは「疲れるけどね」と言っていますが、面倒見の良いところもあるので、人との関りを楽しんでいるようです(たまに、「あの人は来るとなかなか帰らない」などと愚痴をこぼしていることもありますが・・・)。

 

性格も穏やか

厄介ごとやめんどくさいこと、嫌なことや困難なことに直面して色々な人と関わってくると、人は「常に人を疑い誰も信じない性格のきつい人」か「どんな人にも感謝を忘れない性格が穏やかな人」の2通りに分かれるように思います。

後者の「どんな人にも感謝を忘れない性格が穏やかな人」は苦労人の特徴です。

もう一つの「常に人を疑い誰も信じない性格のきつい人」は、苦労していると言いながら苦労してない人、の特徴と言えます。

苦労していると言いながら苦労してない人が、あなたの周りにもいませんか?

例えば、「自分が若い頃はすごく苦労した!こんなにやってきたのに、今の若い奴らは・・・」など、自分の辛かった経験を後世にも無理やり引き継がせようとする人は、苦労していると言いながら苦労していない人です。

本当の苦労人は、「辛い経験は自分の代終わり!後には引き継がせない!」という苦労は共有しないで、幸せを共有してくれる人ではないでしょうか。

いつもギスギスしているような人は苦労人ではなく『偽苦労人』ですので、惑わされないようにご注意くださいね!

 

他人の辛さに寄り添える

苦労人は辛い経験をしてきてることが多いので、その分、他人の辛さにも寄り添ってくれる心の豊かさがあります。

辛い時に気持ちを分かってくれる人が側にいると、とても安心できますよね。

苦労人である私の祖母も、私が辛い時には寄り添って話を聞いてくれたりアドバイスをしてくれました。苦労をしてきたからこそ、色んなことを受け止めてくれる余裕があるのだと思っています!

苦労人の顔つきや特徴をご紹介してきましたが、そんな苦労人のオーラが普通の人とは違っているそうなんです。

普通の人とは違う苦労人のオーラとは、一体どのような物なのでしょうか・・・?

スポンサーリンク

 

 

苦労した人はオーラが違う?

チャクラ

人にはオーラがあり、苦労人はそのオーラが普通の人とは違っているというのです。

ちなみにオーラとはエネルギーのことを指すそうです。

オーラはエネルギーなので、オーラを読み取ることが出来れば、今その人にどのようなエネルギーが満ちているのかがわかります。穏やかな状態なのか、幸せなのか、喜びに溢れているのか、落ち込んでいるのか、怒りの感情に満ちているのか等、現在の状態がわかります。

引用元:スピリチュア ルメディア

オーラが全ての人に見えるわけではないでしょうし(正直私は全く見えません・・・)、オーラの違いを説明しても「見えなくちゃ意味ないじゃん!!」と言われるかもしれませんが、それを承知でご説明します!

例えば普通の人のオーの色が単色の色をしているのに対し、苦労人のオーラは明るく色彩豊かなオーラになっているそうです。

つまりこれは、苦労人がたくさんの苦労の中で『前向きに生きる努力』や『周りの人への感謝を忘れない』など、自分自身を常に成長させて感謝を忘れなかったことで、明るいオーラをまとっているのです。

よく芸能人に直接会った時に、「やっぱりオーラが違う・・・!」と感じる方も多くいると思いますが、目に見えないオーラに圧倒されることもありますよね。

このように、オーラは目に見えなくても人に影響を与えるものなので、明るく色彩豊かな苦労人のオーラは、人に良い影響を与える良いオーラと言えそうです。

まとめ

苦労人の顔つきとは?

苦労人には笑顔が多く、朗らかな顔つきをしている。

苦労人の特徴

  • 全く動じない
  • 人が寄ってくる
  • 性格も穏やか
  • 他人の辛さに寄り添える

苦労した人はオーラが違う?

苦労人のオーラは明るく色彩豊かなオーラになっていて、人には良い影響を与える。

見た目で「あー・・・この人はすごく苦労してきたんだなぁ」と苦労人であることをすぐに判断できる人っていますよね。

辛い経験を活かして周りに良い影響を与える人こそが『苦労人』だと私は解釈しています!

会社などにいる苦労してきた自慢をしている人は苦労人とはまた別かな、と思いますので偽物にはお気を付けください。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

スポンサーリンク

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です