冬ダイエットをして冬太りを解消しよう!冬ダイエットの方法6選

⏱この記事は6分で読めます

冬太りという言葉、寒くなると良く聞きますね。冬は特に、大晦日からお正月にかけてはお祭り気分でたくさん食べて、新年が明ければお餅が待っているので食べるのを我慢するのも難しかったりします・・・。

そんな冬太りに悩んでいる皆さんには、こちらの記事をおすすめします!

こちらの記事では冬ダイエットで冬太りを解消する方法を6つご紹介しており、家の中でできる運動やお風呂で代謝を上げる方法などもご紹介しています。

実は冬はダイエットには最適な季節!冬太りを解消してスリムな体で冬を乗り切りましょう!

スポンサーリンク

冬ダイエットで冬太りを解消する方法

体重計

冬になると寒くてコタツにこもったり、暖かい場所から動くのが嫌になりますよね。

それでいてクリスマスやお正月など冬はイベントは多く、食べる機会が多い割には動くことが少ないので、それらが冬太りの原因にもなってしまいます。

でも実は冬は痩せやすい季節と言われていますので、ぜひ冬の間にダイエットをして冬太りを解消して、更にスリムになっちゃいましょう!

こちらの記事では、

  1. 日常的に体を動かす
  2. スクワット
  3. ウォーキング
  4. お風呂で代謝をアップ!
  5. リンパを流してむくみを防止!
  6. 食事は腹8分目!寝る4時間前には食べない!

以上のことについてご紹介していますので、それぞれをご説明していきますね。

 

①日常的に体を動かす

冬は寒いので、暖かい場所でじっとしていたくなります。

コタツ周りにテレビのリモコンやスマホの充電器を置いて、コタツから一歩も出なくていいような状態にして過ごす人も多くなる季節です。

冬は周りの温度が低い分、体が体温を下げないように温めようと脂肪を燃焼させて熱を作ろうするので、それだけ基礎代謝が高くなる(痩せやすくなる)と言われています。

なので、こまめに動くことで脂肪は燃焼してダイエット効果につながるということです!

例えば、

  • 寒い冬こそ1駅分歩く
  • エレベーターやエスカレーターは使わずに階段を使う
  • こまめに掃除をする
  • 寒い時は体を動かして体を温める

など、日常のあらゆるところで体を動かすチャンスはあるので、冬こそ意識して体を動かしましょう。

 

②スクワット

スクワットする女性

私も1年以上続けているスクワットですが、スクワットはダイエットにはかなり効果的な運動であることが知られていますね。

私が1年以上スクワットを続けているのは効果が出ていないからではなく、スクワットをやめて急に太ったらこわい・・・という恐怖心からです(他にも普通に習慣化しているというのもあります)!

スクワットをすることで太もも周りの筋肉を動かしているわけですが、太もも周りの大きな筋肉を動かすために多くのカロリーを消費するので、それがダイエットに効果があるということなのです。

私のスクワット方法は

  1. 肩幅に足を開いて背筋を伸ばして立ちます
  2. つま先より膝が出ないように気を付けて、息を吸いながら腰を下ろしていきます
  3. 太ももと床が平行になったらゆっくりと息を吐きながら元の体勢に戻していきます

この方法を10回×2セット~3セット行っています。ゆっくりやると意外にも下半身に負担がくるので、最初は無理をしないで少ない回数から始めてくださいね!

下の動画は私のやり方よりも体に負担の少ないやり方で、しかもわかりやすく解説されているので、スクワットが初めての方は特におすすめです!

3分半くらいの動画ですが、動画を見ながら一緒にやってみるとわかりやすいと思いますので、もしよろしければお試しくださいね。

 

 

③ウォーキング

寒い冬はどうしても外に行くのが嫌になりますが、夏に汗だくで歩くよりも冬に歩いた方が快適に運動ができると感じています!

実際に私も冬の寒い時期に良くウォーキングをしていました(今は時間の関係でなかなかできていないですが・・・)。

最初は寒いのですが、歩いているとそのうち体は温まっていきます。なので、寒さに弱い方でも大丈夫です!10分~15分程度の散歩でもスタスタ歩けば体は温まりますよ。

ところで、「ウォーキングをする時の服装って何がいいのかな?」と気になると思うのですが、10分~15分程度の軽いウォーキングの場合は動きやすい服装であれば、特に問題ありません。

でも1時間以上の本格的なウォーキングの場合は、汗を吸ってすぐに乾き、更に通気性の良いポリエステル素材の物が適しています。寒さ対策のために、その上にスウェットやウインドブレーカーなどを重ねて、暑くなったら脱げるような服装で行いましょう。

下半身はポリエルテル素材のパンツや、ショートパンツにタイツを重ねるタイプもあるので、好みのスタイルを選ぶようにすると、ウォーキングも楽しくなりますね。

靴は自分の足に合ったウォーキングシューズを用意するのがベストです。

直接ウォーキングシューズを取り扱っているお店に出向き、プロの店員さんに足のサイズに合った物を選んでもらうといいと思います。

合わない靴で長時間歩くと足も痛くなりますし、マメもできやすく、普段歩くだけでも支障をきたすようになってしまいます。本格的にウォーキングを始める時は、しっかり靴選びをすることをおすすめします!

 

 

④お風呂で代謝をアップ!

アヒルのオモチャ

寒い時には特に、温かいお風呂は体にしみますよね!

お風呂の暖かいお湯につかると血流が良くなり、代謝が上がったりむくみ解消も期待ができるので、冬太りをしたくない方はぜひお風呂で代謝アップを目指してくださいね!

では、お風呂で代謝アップをする方法をご紹介しますね。

  1. お風呂に入る前に、白湯か常温の水を1杯飲んでおく(体内の塩分濃度が急に上がるのを防ぐため)
  2. 41度のお湯に10分間入浴する
  3. この時足のマッサージをすると更に効果的!できない場合は正座をして入ることで、マッサージの効果があるそうです

41度のお湯が人によっては熱く感じるかもしれませんので、体調や気分の悪い時はすぐに中止するようにしてください。

冬は特に空気が乾いているので、入浴後に保湿クリームを塗りながら軽くマッサージをすると血流も良くなるので、体の保湿ケアをするついでにマッサージも取り入れてみてくださいね。

 

 

⑤リンパを流してむくみを防止

寒いからと言って動かないでいると、血流が悪くなりむくみの原因にもなります。

むくみ=太っていない、と思うかもしれませんが、むくみがあるとかなり見た目では太って見えます(むくみに長年悩まされて下半身デブが悩みだった私が言うので、間違いありません)!

でも、そのむくみを解消するだけで見た目にはかなり違って見えるので、何をやっても痩せないという方はむくみを気にするといいかもしれません。

特に足はむくみやすいですが、足が細ければ全体的にバランスが取れて痩せて見えます。そのためにも、足のむくみを防止することはとても重要な事ですよ!

足のむくみ解消法!マッサージやグッズをご紹介!

2018.10.22

 

 

⑥食事は腹8分目!寝る4時間前には食べない!

イチゴを食べる女性

リンゴダイエットや炭水化物抜きダイエットなど制限のある食事のダイエット法は色々ありますが、私は個人的に食べたいものを我慢したくないタイプです!

何かを制限するのは後々リバウンドの原因にもなりやすいですし、食べたいものをバランスよく食べることがストレスもかからずダイエットが続くのではと思っています。

でも、2つだけ気を付けていただきたいことがあります。

それは、

  • 食べるのは腹8分目にして、お腹いっぱい食べない
  • 寝る4時間前には食べるのをやめる

ということです。

お腹いっぱい食べるとどうしてもカロリーを摂り過ぎてしまう可能性がありますし、お腹が苦しくなると体を動かすことが嫌になるからです。

また、午後10時~午前2時の間に分泌される成長ホルモンによって脂肪が分解されますが、寝る直前まで食べていると成長ホルモンの分泌が上手くいかずに、脂肪も分解されにくくなってしまうのです。

できるだけ寝る4時間前には夕食を済ませるのが理想ですね。

 

まとめ

冬ダイエットで冬太りを防ぐ方法

  1. 日常的に体を動かす
  2. スクワット
  3. ウォーキング
  4. お風呂で代謝をアップ!
  5. リンパを流してむくみを防止
  6. 食事は腹8分目!寝る4時間前には食べない!

冬は特においしい食べ物もたくさんあって誘惑がたくさんありますし、季節柄体を動かすのが億劫になりますが、冬こそ痩せやすい季節です!

お正月明けに「あれ?太った?」と言われないように、冬太りを解消していきましょう。

最後までに読んでいただき、ありがとうございました!

スポンサーリンク

 

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です