負けず嫌いは長所なの?負けず嫌いを言い換える言葉とは?

⏱この記事は5分で読めます

「自分は負けず嫌いなんだけど、負けず嫌いは短所なのかな・・・」と悩んでいる皆さん!一般的には短所と思われている負けず嫌いですが、実は十分長所にもなるんです!

こちらの記事では

・負けず嫌いが長所になる理由
・負けず嫌いという言葉を他の言葉に言い換えるとどうなる・・・?

以上のことについてご紹介しています。

負けず嫌いな人は一般的には『頑固』とか『人の言うことを受け入れない』など悪いイメージが多いですが、こちらの記事では負けず嫌いを長所に変換してご紹介しています。

更に、負けず嫌いを別な言葉に言い換えることで、就職面接の自己PRにも使える言い方をご紹介していますので、就職をひかえた負けず嫌いの学生さんにも参考になると思いますよ!

ぜひ読んでみてくださいね!

負けず嫌いが長所になる理由

笑顔の人たち

自信を持って取り組める

負けず嫌いな人は自分なりの自信があるので、負けてもまた立ち上がることができるのです。

でもこれが『諦めが悪い』などと思われることも多く、一つのことに熱中しすぎて他のことに手が回らないのでは、と思われることもあります。

しかしながら、一つのことに対しての集中力はすごいものがあり、自信があるからこそ諦めずに物事に取り組めることができるのでしょう!

 

努力をする

負けず嫌いな人は負けるのが嫌いですから、勝つまで続けますよね。

でも、ただ続けるということはしないはずです。

その都度その都度、どうやったら勝てるのかを真剣に考えて勝てるように準備や練習をして、毎回勝負に臨むのです。

それはつまり、努力を惜しまないということですね。

負けず嫌いな人は密かに努力家なのです。

 

絶対に諦めない

山を見つめる男性

負けても負けても立ち上がる!

この気持ちが最後までモチベーションとなり、負けず嫌いな人の絶対に諦めない心を作っているのです!

他の人から見たら「しつこい」と感じるかもしれませんが、諦めない心は絶対に夢を実現させます。

だから、負けず嫌いな人は『勝つ』という夢を実現させているのです!

絶対に諦めないという気持ちは、負けず嫌いな人ではなくても誰でも意識するだけで、その気持ちが心強い味方になってくれるはずですよ。

諦めないためにすることとは?諦めない心を持つ7つの方法

2018.11.07

 

失敗を人のせいにしない

失敗したりすると「あの人の教え方が悪かったから」とか「仕事で忙しかったから」と言い訳をしたり人のせいにする人がいますよね。

負けず嫌いな人は絶対に人のせいにはしません。

全て自分の責任であると言い、そこからまた努力をして失敗を成功に導いていくのです。

負けず嫌いな人と言えばスポーツ選手や、最近では将棋の棋士も負けず嫌いな人が多いと感じますが、誰ひとり負けたことを人のせいにしている人はいませんよね。

失敗を人のせいにしないということは、負けず嫌いの人の立派な長所になります。

 

必ず結果を出せる

トロフィーを持った人たち

負けず嫌いな人は諦めることをしないので、最終的にきちんと結果を出すのが特徴です。

ただ、本人が納得を行くまで続けるところがあるので時間がかかる場合もあり、仕事などでは周りに迷惑がかかる可能性もあります・・・。

でも、次の仕事があるからと中途半端にして次に移るよりきちんと結果を残した方が、自分のためにも周りのためにもなるということってありますよね。

負けず嫌いな人は中途半端で諦めることはせずに結果を残せるのですから、これは立派な長所になるのではないでしょうか!

一般的には短所として見られがちな負けず嫌いですが、このように長所として捉えることもできることがわかりましたね。

でも、就職の面接などでは『負けず嫌い』と言ってしまうといい印象を与えないことも事実です。

そんな時には、負けず嫌いの別な言い方があると便利ですよね。次からは、負けす嫌いの別な言い方をご紹介していきます!

スポンサーリンク

 

負けす嫌いの別な言い方とは?

喜ぶ子供たち

頑張り屋さん

最後まで諦めずに結果を残す・・・これは頑張り屋さんとも言えます。

頑張り屋さんと聞くと優しい言い方に感じられま拗ね。この言い方だと言葉に角もなく素直に良いイメージに受け止められそうですし、人に対しても「あなたは頑張り屋さんだね」と言うことができます。

ただし、就職面接では「私は頑張り屋さんです!」と言うのは少し幼稚な感じがしますので・・・就職面接では別な言い方を使った方がいいですね。

 

向上心がある

負けても負けても立ち上がり、その都度どのように勝てるのか試行錯誤をしながら進んでいく・・・これは向上心があると言えます。

向上心とは、『目標に向かってひたすら進む心』という意味があります。

負けず嫌いな人も、目標(負けないこと)に向かってひたすら進み、しかも諦めないのですから向上心の塊です!

向上心があるという言葉は前向きな言葉なのでイメージも良く、就職面接でも自己PRで使えそうですね。

 

闘争心がある

負けず嫌いな人は、『負けることが嫌いで勝つまで諦めずに続ける』という特徴があることをご紹介してきましたが、それはスポーツ選手にも多く当てはまることもご紹介しました。

スポーツ選手と言えば常に誰かと戦っていますが、その誰かというのは『自分自身』であることが多いんです。

つまり、『負けず嫌いな人は自分自信に負けないために戦っている=闘争心があると言えるのではないでしょうか!

闘争心と聞くとあまり良いイメージがないように思いますが・・・仕事でも自分自身と戦いながら高みを目指す姿勢は、高く評価されていいのではと感じています。

京セラの名誉会長を務める稲森和夫さんもこのようにおっしゃっています。

仕事は真剣勝負の世界であり、その勝負には常に勝つという姿勢でのぞまなければなりません。
私たちはえてして、ひるんでしまったり、当初抱いていた信念を曲げてしまうような妥協をしがちです。こうした困難や圧力をはねのけていくエネルギーのもとはその人の持つ不屈の闘争心です。格闘技にも似た闘争心があらゆる壁を突き崩し、勝利へと導くのです。
どんなにつらく苦しくても、「絶対に負けない、必ずやり遂げてみせる」という激しい闘志を燃やさなければなりません。

引用元:稲森和夫 OFFICIAL SITE

誰かを蹴落とすのではなく、闘争心を燃やして自分自身と戦うのはまさに負けず嫌いな人の特徴ですね。

でも就職面接では具体的なエピソードもなく「私は闘争心があります!」というのは何か物騒な感じもするので、気を付けて使ってくださいね!

 

努力家

もうすでにご紹介していますが、負けず嫌いな人は努力家です。

普通の人は途中で諦めますが、諦めないで続けることができる、そして結果を残せるのは努力家の成しえる技ですね!

努力家という言葉は試行錯誤をして前に進む前向きなイメージがあるので、就職面接でも高い評価を得られるでしょう。

 

まとめ

負けず嫌いが長所になる理由

  • 自信を持って取り組める
  • 努力をする
  • 絶対に諦めない
  • 失敗を人のせいにしない
  • 必ず結果を出せる

負けす嫌いの別な言い方とは?

  • 頑張り屋さん
  • 向上心がある
  • 闘争心がある
  • 努力家

負けず嫌いを長所に変換すると、悪いところが不思議と見えなくなりますね!

でも、物事には良い部分も悪い部分もあるように、性格にも長所と短所があります。

どちらもバランスよくコントロールして、自分の個性として付き合っていけるといいですね。

最後まで読んでいただき、ありがとうごございました!

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です