忙しいアピールをする人の心理と対処法!忙しいアピールをする人に振り回されないで!

⏱この記事は5分で読めます

「忙しい!」が口癖だったり、いつもバタバタと慌ただしく動いている忙しいアピールをする人が周りにいませんか?そんな忙しいアピールをしている人がウザい!と感じている方へ!

こちらの記事では、

・忙しいアピールをしている人の心理
・忙しいアピールをしている人にはこんな風に関わろう!

以上のことをご紹介しています。

本当に忙しい時に忙しいアピールをする人にはイライラしますよね・・・。不快な思いをできるだけしないように、忙しいアピールをする人とうまく関わっていきましょう。

スポンサーリンク

忙しいアピールをする人の心理

忙しそうな女性

認めて欲しい

忙しいアピールをする人は、自分を認めて欲しいという承認欲求があります。

その認めて欲しいことというのは、

  • こんなに忙しく頑張っている私を認めてもらいたい
  • 忙しくしている私は仕事ができる、ということを認めて欲しい
  • こんなに忙しい私は、みんなから頼られている存在であるということを認めて欲しい

以上のようなことです。

他人と比較して自分は優れているでしょ!という所を周りの人に認めてもらい、「すごいね~」「頑張ってるね~」という評価をもらいたいのです。

 

 

安心したい

忙しいアピールをする人は、忙しくすることで自分自信を安心させています。

『忙しい=よくやっている』という自分の中の評価があるので、忙しくしていないと怠けていると思われて不安になってしまうのです。

年配の方にも「毎日忙しい」というのが口癖になっている人がいますが、そのような人は大抵、自分で自分を忙しくさせています。

他の人よりもこだわりが強かったり、要領が悪かったりすると仕事や家事でもやることが増えるので、常に「忙しい」状態になりますが、本人はそれで安心しているのです。

 

人付き合いが苦手

忙しいアピールをしておけば誰かに誘われても「忙しい」を理由に断れるので、常に忙しいアピールをして人付き合いを避けている場合があります。

実際に私も「忙しいから」を理由に誘いを断ったり、「忙しいけど行けたら行く」と言って中途半端な返事で相手を困らせる、ということを今までしてきました・・・。

嫌なら嫌と断ればいいのですが、なぜか相手に気を使って「忙しい(本当はそんなに忙しくない)」という言葉を都合よく使っていました。

人付き合いが苦手でしかも気を使う人は、忙しいアピールをする傾向にあります。

 

助けてもらいたい

supportと書かれた木片

忙しいアピールをする人は、本当に忙しくて周りの助けを求めていることもあります。

素直に「誰かに手伝ってほしい」とか「誰かに助けてもらいたい」と言えず、忙しいアピールをしてしまうのです。

でも、周りの人は助けてもらいたいことには気づかないことが多いですし、「助けてあげようか?」と優しい人に声をかけられても断ってしまうなど、あまのじゃくな一面もあります。

 

充実した毎日を自慢したい

忙しいアピールは毎日が充実している証拠!と考えて、忙しいアピールをして周りに充実した生活を自慢したいという心理もあります。

これは特に、女性の方に多いかもしれませんね。

自慢をして周りからすごいね!と羨ましがられたいのでしょうが、聞いている方はウザいですよね・・・。

忙しいアピールをする人は周りからはウザがられ、不快な気持ちにさせることもあり、対処法に困ってしまいます。

次からは、忙しい人アピールをする人への対処法をご紹介していきます!

スポンサーリンク

 

忙しいアピールをする人の対処法

ネットに忙しそうな女性

深く関わらない

忙しいアピールをする人は自分を認めて欲しかったり助けを求めていたり、何かを訴えていることが多いのですが、だからと言って深く関わると面倒なことに巻き込まれてしまいます。

例えば、忙しいアピールをする人に「忙しくて大変だね、私にできることがあったら言ってね!」と深く関わろうとすると何かとあてにされたり、都合よく使われてしまう可能性があります。

忙しいアピールをする人はいわゆる『かまってちゃん』である場合も多く、深く関わるなら最後まで責任をもって面倒を見る!くらいの覚悟を持った方がいいでしょう。

それが無理な場合は、軽く会話を合わせる程度にして深く関わらない方が身のためですね。

 

相手に勝る程の忙しいアピールをする

忙しいアピールをする人は簡単に言えば、何度も言っていますが・・・ウザいですよね!

昨日の夜は全く寝てないとか、忙しくて食べる暇もないなどと常に言っている人は、周りもどう反応していいか困ります。

そんな時は、相手に勝るほどの忙しいアピールで相手を黙らせましょう!

例えば以下のように、相手が引くほどの忙しいアピールで返します。

  • 昨日寝てないと言われたら⇒「私はもう3日も寝てない!」
  • 忙しくて食べる暇もないと言われたら⇒「私は忙しいから食べるという無駄な時間をなくしたよ」
  • 忙しくてテレビを見る暇がないと言われたら⇒「私も忙しくて見る暇ないからテレビは捨てたよ」

ここまで言えば、忙しいアピールをする人も「この人おかしい・・・」と思って黙るはずです。

少し周りの反応も気になる所ですが、ウザい相手には黙ってもらえば不快な思いをしなくてすみますし、大袈裟なことを言った方が効果があります。

 

距離を置く

忙しいアピールをする人は、『誘いを断ることの方が多い割には声をかけてもらいたい』という複雑な心理もあり、忙しいアピールをする人を相手にする方が疲れてしまいます。

ここは思い切って、忙しいアピールをする人とは距離をとって連絡をしない方法を試してみてはいかがでしょうか。

相手から不審がられたら、「いつも忙しいと言っていたから、連絡しない方がいいと思った」と言えますし、そのことで相手が忙しいアピールをして周りを不快にさせていた、ということに気付けるかもしれません。

お互いにとって良くなることと割り切り、思い切って連絡をしないのも一つの方法ですね。

 

まとめ

忙しいアピールをする人の心理

  • 認めて欲しい
  • 安心したい
  • 人付き合いが苦手
  • 助けてもらいたい
  • 充実した毎日を自慢したい

忙しいアピールをする人の対処法

  • 深く関わらない
  • 相手に勝る程の忙しいアピールをする
  • 距離を置く

私は忙しいアピールをするタイプでしたので、周りからは相当ウザがられていたはずです・・・。

でも逆の立場になるとわかりますね、忙しいアピールをする人は周りもイライラさせてしまうということが。

忙しいアピールの人の悪い影響を受けないように、落ち着いて余裕をもって過ごしていきましょうね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

スポンサーリンク

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です