センスのない人の特徴!センスを良くする方法3選

⏱この記事は6分で読めます

  • ファッションセンスがなく、いつも友達から変な目で見られる
  • スポーツのセンスがなく、いつまでも上手くならない
  • センスのある人が羨ましい!

以上のように、センスがなくて悩んでいる方へ!

こちらの記事では、センスのない人の特徴や克服法をご紹介しています。

センスがあるのは生まれつきではない(と個人的には思っています)!

センスは磨けばどんどん輝くものですので、センスがないと諦めずに克服していきましょう!

スポンサーリンク

 

センスのない人の特徴とは?

ノート

勉強のセンスのない人

多くの人が「自分は勉強のセンスがない・・・」と学生の頃悩んだ経験があるかもしれませんね。

誰よりも勉強した!と思っても、実際に試験を受けるとそうでもなかったり、公式がなかなか覚えられなかったりケアレスミスが多かったり。

いつも遊んでいるように見えるのに、ずば抜けて勉強ができる【勉強のセンスのある人】を、羨ましく感じていたのではないでしょうか。

また勉強のセンスがない人は、要領が悪かったり集中力が続かないといった特徴もあるので、勉強が長続きしないのです。

でも、きちんとした指導を受けてその通りに進めば勉強の面白さがわかって、夢中になって勉強に取り組めるはずですよ!

 

ファッションのセンスのない人

自分ではなかなか良いコーディネートをしたつもりなのに、友達に見せると引かれてしまうほどヤバい恰好をしてしまうのが、ファッションセンスのない人の特徴です。

自分では、自分のファッションのどこがおかしいのかわからず、他の人に指摘されてもピンとこないので直しようがありません。

ファッションセンスのない人は、相当なファッションセンスを持っているため周りがついてこれないか、本当にセンスがないのかのどちらかでしょう。

実はあまり洋服に興味がないため、ファッションセンスがなかったりもします。

 

仕事のセンスのない人

どんなに簡単な仕事でも失敗を繰り返していたり、仕事がなかなか覚えられなかったり、仕事のできる人と同じようなやり方をしてもうまく行かないのが、仕事のセンスのない人の特徴です。

また、知識はあるのに実践で活かせなかったり、やる気が空回りしてしまっても仕事のセンスがないという風に見られてしまいます。

仕事のセンスのない人は、考えすぎてしまったり知識が邪魔をしてうまく仕事が回らないなど色んな原因があります。

これは仕事に対して嫌な気持ちしか持てていないことが、仕事のセンスのない人にしてしまっているのかもしれませんね。

 

スポーツのセンスがない人

スポーツのセンスがない人はよく【運動音痴】などと言われます。

私も運動音痴なので、スポーツセンスのない人の一人なのですが(笑)。

例えば、スポーツセンスのない人はスキップができなかったり、動きが変だったり、教えてもらったように体を動かしても上手くいかなかったりして、自分のスポーツのセンスのなさを実感することがありますよね・・・。

また、スポーツセンスがないので誰にも褒めてもらえず、逆に格好悪い姿しか見せられないので、スポーツ自体嫌いになってしまいスポーツをすることから距離を置いてしまうのでセンスが磨かれて行かないのです。

 

プレゼント選びのセンスがない人

時々いるんです、プレゼント選びのセンスのない人が。

相手からもらうものなら大抵喜べたりしますが、「これ・・・どこで買ったんだろう・・・?」というような物をくれる人がたまにいるんですよね。

例えば、どこかの国のどこかの部族の木彫りの置物とか、美味しくないお菓子とか、誰が着るの!?というような奇抜なデザインの洋服など、もらったはいいけど微妙な反応しかできないようなプレゼントを、プレゼント選びのセンスがない人は平気でくれたりするのです。

これは自分本位の考えで、プレゼントを選んでしまっているからではないでしょうか。

プレゼントのセンスがない人は、「この木彫りの置物かわいい!○○さんのプレゼントに贈っちゃおう!」と自分の好みだけで贈り物を選び、相手がもらって喜んでくれるのかどうか、迷惑にならないかなど、相手の気持ちを全く考えずに選んでいる可能性があります。

誰かに何かを送る時には、相手の気持ちになって選ぶことも重要ですね。

ここまで、5つのセンスのない人に分けてその特徴をご紹介してきました。

センスのない人には、

  • センスがないことを理由に行動しない
  • その分野に興味がない
  • 知識が邪魔している
  • 他の人の意見を聞かない
  • 自分本位な解釈をする

以上のような共通した特徴がありますが、センスのない人はこれらを改善すれば、センスのなさを克服できるのではないでしょうか?

次からは、センスのなさを克服する方法をご紹介していきます!

スポンサーリンク

 

センスのない人の克服法!

運動神経のいい男性

①夢中になる

センスのない人はその分野に夢中になれていないことが原因にあります。

 

  • 勉強のセンスのない人は勉強が嫌いです。
  • ファッションセンスのない人はファッションに興味がありません。
  • 仕事のセンスがない人は、仕事に対して嫌々やっています。

このように、それぞれの分野に夢中になれていないせいでセンスのない人になっているのです。

でも、夢中になればこの問題は解決です!

センスを磨きたければ、その分野を徹底的に知り尽くして夢中になることです。

ファッションセンスがなければ、ファッション雑誌を買い込んでファッションの勉強をしたり、着心地の良い洋服を探してみたり、夢中であればあるほどその分野に詳しくなれますし、いつしか【センスのある人】になるのではないでしょうか。

好きなことは「もっと知りたい!」と思えますし、続けることでそれが【経験】になります。

夢中になる気持ちと、それに伴う経験でセンスのなさを克服しましょう。

 

 

②他人の意見を受け入れる

センスがない人は、他の人の意見を受け入れないことがあります。

知識があるからこそ人の意見を受け入れられないこともあるでしょうし、「他人の意見を聞いても何も変わらない」と最初から諦めて、誰の意見も聞かない場合もあるでしょう。

でも、他人の意見を受け入れることでセンスが磨かれていくのです!

他人の意見を受け入れることで、自分の良い部分や悪い部分が見えてきます。

その悪い部分は治していき、良い部分は更に伸ばしていくことで自分自信も磨かれていくはずです。

「センスがない」と諦めずに、他人からの意見を聞いて悪い部分を治すことで、センスある人へと近づいていけますよ。

 

③行動に移す

他人の意見や悪い部分を指摘された時には、すぐに行動に移すようにしましょう。

「センスがない」と諦めることは良くありません!

例えば野球が上手くなりたくてプロの野球選手に指摘を受けますが、その指摘を受け入れずに「どうせ自分はセンスがない」と諦めては、上手くなるものもうまくなりません。

指摘をされたからにはそれをありがたく受け入れて、指摘されたことをすぐに実行に移すことで、それが自分の物となるのです。

センスは生まれつきのものではないと思っています!

センスのある人はそれだけ多くの経験を積んでいるから、感覚で行動できたりするのでしょう。

夢中になって試行錯誤を繰り返しながら、センスを磨き、「いつしかセンスあるよね!」と言われる人になりましょう!

 

まとめ

センスのない人の特徴

どの分野のセンスのない人も、以下のような特徴がある。

  • センスがないことを理由に行動しない
  • その分野に興味がない
  • 知識が邪魔している
  • 他の人の意見を聞かない
  • 自分本位な解釈をする

センスのない人の克服法

  1. 夢中になる
  2. 他人の意見を受け入れる
  3. 行動に移す

何かに夢中になっている人は、それだけ「センスがあるなぁ」と感じますが、センスがある人も最初はセンスなんかなかったのでは?思います。

きっと夢中になって好きだから続けていくうちに、センスが磨かれていったのでしょう!

センスが良くなりたいなら、一夢中になることが絶対条件です!何か興味のあることを探して、その分野のセンスを磨いていってもいいかもしれませんね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

スポンサーリンク

 

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です