テンパるとはどんな意味?テンパる人の特徴と治し方とは?

⏱この記事は5分で読めます

  • テンパる』という言葉の意味を知りたい
  • 人から「いつもテンパってるね」と言われる
  • 自覚もしているので、テンパることを治したい!

以上のような疑問をお持ちの方へ!

こちらの記事では、

・『テンパる』という言葉の意味
・テンパる人の治し方
・テンパる人ってどんな人?
以上のことについてご紹介しています。

私もテンパることはありますが・・・普段からテンパる人は色んな苦労があるはずです!

こちらの記事が、そんな悩みのお役に立てれば幸いです。では早速、読んでみてくださいね!

スポンサーリンク

テンパるってどんな意味?

泣いている女性

テンパるとは、【いっぱいいっぱいになって気持ちの余裕がなく、焦ったり不安になること】という意味があります。

元々は麻雀用語で、あと一歩で上がれる状態のことを『聴牌(てんぱい)』と言っていたことが語源になっているようです。

こうして見ると、焦って余裕のない状態を意味するテンパるとは逆の意味が語源になっていたんですね。

これはどうやら、『あと一歩の状態=ギリギリの切羽詰まった状態』とネガティブな意味に進化したもののようです。

では次からはそんなテンパる人の治し方をご紹介していきますね!

 

テンパる人の治し方

深呼吸をする女性

あらかじめ準備をしておく

テンパる人何でも直前になって焦ることがわかっていますから、焦らないように、十分すぎるくらい準備はしておきましょう。

翌日に出かけることがわかっていれば、前日に持ち物や洋服を準備したり、仕事で重要な役割を頼まれればそれに対する準備は万全にしておくことで、テンパることを防ぐことができます。

 

普段からまずは落ち着く癖をつける

テンパる人はどんなに小さいことでもテンパってしまいますが、これはもう癖のようなもので、あらゆる問題にテンパる癖がついているのです。

なので、テンパっても落ち着けるように普段から意識しておきましょう。

テンパりそうになったら深呼吸をするとか10まで数えるとか、落ち着けることができることを事前に用意しておけばそれがお守り替わりとなり、テンパってもすぐに落ち着くことができるでしょう。

 

落ち込まない

テンパったとしても、落ち込まずにすぐに気持ちを切り替えていきましょう!

テンパる人は「またテンパったしまった・・・」と落ち込んで、それをいつまでも引きずることがあります。

「またテンパるかも」という不安があるので怯えて堂々とできないのも、テンパる原因になっています。

テンパって失敗してもいいんです。

楽観的に物事を捉える人はテンパりにくいと言われていることから、「失敗してもいいや!」と思うことで気持ちに余裕が生まれるので、テンパり防止にもなるはずですよ。

 

リラックスする

飲み物を飲んでリラックスする女性

テンパる人はいっぱいいっぱいでいることから、緊張している状態とも言えます。

緊張していると気持ちに余裕がなくなりますし、体もこわばってしまうので更なる失敗を生み出してテンパることになりかねません。

なので、できるだけリラックスすることを心がけましょう。

私の場合はコーヒーを飲んだり音楽を聴くことでリラックスするできますが、リラックス状態を長く持続させることを毎日の生活で意識できるといいですね。

コーヒーなどのカフェインは逆にパニックを引き起こすこともあるようですので、ご自分に合ったリラックス法を試してくださいね。私は長年コーヒーを飲んでいるのもあるのか、カフェインによってパニックを引き起こしたことはないですが・・・人によっては注意が必要ですね。

 

自信を持つ

テンパる人は自信がない人が多い印象です。ですので、根拠のない自信を持つことが一番有効かなと思います!

「人と比べてすごく優れたところはないけど、何か自信がある」という思いや「負ける気がしない、理由はないけど」というようなものでもいいんです。

自信を持つと、それだけでどんなトラブルがあっても堂々としていられるんです。

このようにテンパりを治すにはいくつか方法がありますので、ご自分に合った方法を試してみてくださいね!

次からは、テンパる人の特徴をご紹介していきます。

スポンサーリンク

 

テンパる人の特徴

パソコンの前で悩む女性

真面目過ぎる

テンパる人には真面目過ぎるという特徴があります。

自分で決めた道から外れることを嫌ったり、冗談も通じないような真面目な人は、トラブルが起きた時に対処できずにテンパる傾向にあります。

何か起きた時にもすぐに適応できるように、準備をしておくことは大切ですね。

 

怖がり

テンパる人は常に何かに怯えているような特徴もあります。

いつも不安な気持ちがあるので、何か起きた時に異常に怖がりテンパってしまうのです。

このような場合は、トラブルが起きた時の対応策を常にいくつか想定しておくことで安心できるでしょう。

 

自信がない

テンパる人は自信がないので、周りからの評価を気にしたりして余計にテンパってしまいます。

周りから良く思われたいという気持ちがあっても、自信がないので何をしてもうまく行かないことが多く、その度に失敗してテンパってしまいます。

 

余裕がない

テンパる人は余裕がなく、普段からセカセカしていたりします。

自分のこだわりが強かったりやることが多く、常に忙しそうにしているのですが、そのペースが乱れるとどうにもならなくなりテンパってしまうのです。

心に少しでも余裕を持つと、気持ちや行動にもその余裕が表れてテンパらずにすむはずです。

 

理想が高い

実は理想が高いのもテンパる人の特徴です。

理想が高いからこそ失敗を恐れたり、「もっとできる!」と思いながらも失敗を恐れて行動に移せないので、いざやろうとするとテンパってしまうのです。

自分の理想を手の届く所において、少しずつ目標をクリアすることで自信がついて余裕が出てくるので、そうすることでテンパることも改善できるのではないでしょうか。

まとめ

 

テンパるの意味

【いっぱいいっぱいになって気持ちの余裕がなく、焦ったり不安になること】

テンパる人の治し方

  • あらかじめ準備をしておく
  • 普段からまずは落ち着く癖をつける
  • 落ち込まない
  • リラックスする
  • 自信を持つ

テンパる人の特徴

  • 真面目過ぎる
  • 怖がり
  • 自信がない
  • 余裕がない
  • 理想が高い

テンパる人は年齢と共に落ち着くのかと思いきや、それはあまり関係なく、テンパることがその人の性格のようになっている場合もあります。

このような人の場合は、テンパることも自分なんだと受け入れているのかなぁとも感じますね。

でもテンパることを治したい方は、治そうという意識をすることで変わって行くはずなので、根気強さを持って進んでいきましょう!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

緊張しない方法10選!好きな子に告白・試合・就職面接で緊張したくない方へ

2018年3月2日
スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です