「期待を裏切る」の使い方!期待を裏切る人の特徴と裏切ってしまった時の対処法

⏱この記事は5分で読めます

突然ですが、誰かの期待を裏切った経験はありますか?

わざとではなくても、結果的に裏切ることになってしまった・・・なんてこともありますよね。

こちらの記事では、

・期待を裏切るってどんな時に使うの?
・期待を裏切る人の特徴
・期待を裏切ってしまった!そんな時の対処法
以上のことについてご紹介しています。

わざとじゃなくても期待を裏切ってしまうと人間関係がぎくしゃくしたり、自分自身もやるせない気持ちになったりします・・・。

そんな状況になっても前に進んでいける対処法をご紹介していますので、人を裏切ってしまった経験のある人や、わざとじゃないのにいつも誰かの期待を裏切ってしまう自分が嫌だ!と言う人はぜひ読んでみてくださいね!

スポンサーリンク

「期待を裏切る」の使い方とは?

裏切りの壁画

「期待を裏切る」には【良い意味】と【悪い意味】の使われ方があります。それぞれの使い方をご紹介していきましょう。

【良い意味】での期待を裏切る

良い意味での使われ方は、スポーツの試合で選手が練習以上の成果を出した時に「コーチの期待を裏切る活躍」などと言って使われます。

このように、予想もしていなかった良い結果に驚く時に、良い意味での「期待を裏切る」が使われています。

スポーツだけではなく、子供の試験の結果が想像以上に良かった時や、会社では部下が思いのほか仕事ができる人だった時にも使える言葉ですね。

 

【悪い意味】での期待を裏切る

これはその名の通り、予想していたことよりも悪い結果だった時に使われます。

期待を寄せていた社員が、ある日突然売り上げ金を持って逃げてしまったとか、スポーツの試合で練習の成果が出ずに散々な結果だった時などに、「期待を裏切られた」という言葉が使われますね。

悪い意味での「期待を裏切る」という言葉の方が、良い意味よりも多く使われているように思いますが・・・次からは悪い意味での期待を裏切る人の特徴をご紹介していきましょう!

 

期待を裏切る人の特徴

気まずそうな女性

自分勝手

期待を裏切る人は自分のことを一番に考えている傾向にあります。

自分のことが一番なので、期待を裏切るような行動をとっても自分が良ければいい、という考えがあるのです。

自分のしたことで他人がどうなるかは考えないので自分勝手に行動していしまい、結果的に期待を裏切ることをしてしまいます。

 

好かれようとしていない

期待を裏切る人の中には、そもそも人に好かれようとしない人もいます。

多くの人は、嫌われるよりも好かれたいと思いますよね。

だからこそ、「あの人の期待に応えたい!」と思うのですが、人に好かれようと思っていない人は期待に応えるつもりもありません。

悪い結果が出たら「勝手に期待をした方が悪い」と考えるでしょう。

でもこのタイプは、人の期待よりも自分がどこまで力を発揮できるかという考えもあり、実は自分に厳しいタイプでもあるのです。

 

勢いがあるのは始めだけ

期待を裏切る人には、最初の勢いがすごすぎて周りが期待してしまうのですが、本人はプレッシャーに弱いため力が発揮できずに、期待を裏切る結果になってしまう人もいます。

でもこの場合は、期待を裏切るつもりは本人には無いんです。

本人が頑張れずに残念な結果に終わってしまうので、もったいないんですよね。(私もこのパターンの人間なので、とても気持ちがわかります・・・!)

 

嫌がらせ

わざと人を裏切って、嫌がらせをする場合もあります。

相手のことが嫌いだったり敵対視していたり、仕返ししてやろうと考えていて相手を困らせるためだったり、自分の憂さ晴らしだったりという理由で裏切るのです。

つまり、計画的に人を裏切っているということですからちょっと恐ろしいですね・・・。

ここまで、期待を裏切る人の特徴をご紹介してきました。

わざと期待を裏切る人がいる中で、思いがけず期待を裏切ってしまう人もいます。

裏切るつもりはないのに結果的に期待を裏切ってしまったなら、ほとんどの人が自分を責めたり自己嫌悪に陥ってしまうでしょう。

そうなった時、どのような対処方法があるのでしょうか?

次からは前に進むための期待を裏切ってしまった時の対処法をご紹介していきます!

スポンサーリンク

 

思いがけず人を裏切ってしまった時の対処法

割れたハート

裏切ってしまった事実を受け止める

裏切るつもりがないのに人を裏切る結果になってしまった時、「自分はそんなことはしない人間だ!」「きっと何かの間違い!これは間違いなんだー!!」と自分のしたことが信じられずに目を背けてしまう人が多いはずです。

でも、もうしてしまったことは変えることができませんので、ここは潔く、裏切ってしまった事実を受け止めましょう。

事実を受け止めるために、紙に裏切ってしまった行為を書くと、気持ちが整理されて冷静になれますよ。

冷静になったところで、次にどうすればいいか、どんな行動がお互いのためにいいのかを考えていきましょう。

 

自分を責めない

期待を裏切ってしまった時、「人を裏切るなんて、なんてことをしてしまったんだ・・・」と自分を責める人も多いでしょう。

自分を責めてしまう気持ちはとてもわかります!

でも、自分を責めても何も解決しませんし、裏切られて相手もそれを望んでいるわけではないはずです。

やってしまった事実を認めても、自分を責めるのは自分自身を苦しめるだけなのでやめておきましょう。

 

信頼を取り戻す努力をする

冷静になったところでこの先どうすればいいのか、どうやって信頼を回復させればいいのかを考えていきましょう。

信頼を取り戻すのは決して簡単ではありませんが、誠意ある行動と相手を信頼する気持ちがあれば、いつか必ず信頼を取り戻すことができます!

もう二度と人を裏切らないという気持ちを強く持って行動に移すことで、その熱意は周りの人に伝わりますよ。

 

まとめ

「期待を裏切る」の使い方とは?

  • 予想もしていなかった良い結果に驚く時に使われる良い意味での「期待を裏切る」という使い方
  • 予想していたことよりも悪い結果だった時に使われる悪い意味での使い方がある

期待を裏切る人の特徴

  • 自分勝手
  • 好かれようとしていない
  • 勢いがあるのは始めだけ
  • 嫌がらせ

思いがけず人を裏切ってしまった時の対処法

  • 裏切ってしまった事実を受け止める
  • 自分を責めない
  • 信頼を取り戻す努力をする

私も「期待を裏切ってしまったかな・・・」と思われるような行動は今まで何度も経験があるので、その都度落ち込んできました。

でも、わざとやったわけではありませんし、やった事実は変えられないので、その失敗を活かして次に進むべきだと思っています!

期待を裏切ってしまったとしても、過ちを切り返さないように前に進んでいけるといいですね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です